TOP
 >> 展示
 >> 特別展

特別展

伝教大師1200年大遠忌記念 特別展「最澄と天台宗のすべて」

『重要文化財 薬師如来坐像平安時代・12世紀岐阜・願興寺(蟹薬師)蔵』の画像

重要文化財 薬師如来坐像
平安時代・12世紀
岐阜・願興寺(蟹薬師)蔵

平成館 特別展示室 :2021年10月12日(火) ~ 2021年11月21日(日)

2021年は、伝教大師最澄の1200年の大遠忌にあたります。最澄は平等思想を説いた『法華経』に心惹かれ、この教えを礎とする天台宗を日本でひろめました。最澄が創建した延暦寺は多くの高僧を輩出し、彼らが説いた多様な教えは日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。本展では、延暦寺における日本天台宗の開宗から、東叡山寛永寺を創建して太平の世を支えた江戸時代に至るまでの天台宗の歴史をご紹介します。日本各地で守り伝えられてきた貴重な宝物や、『法華経』の説く万民救済の精神をあらわす文化財を、地域的な特色を示しながらご覧いただきます。秘仏をはじめ、天台の名宝が集う貴重な機会です。

ページトップへ