TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

「正倉院の世界」展、後期の見どころ(後編)

こんにちは、今回の特別展を担当させて頂きました工芸室の三田です。
前編では「正倉院の世界」展後期展示、第1会場の見どころをご紹介いたしましたが、今回は第2会場の見どころをご紹介します。

まず、「作品No.71紫檀木画槽琵琶」です。こちらは正倉院に5面伝わる四絃琵琶の一つ。

正倉院宝物 紫檀木画槽琵琶 唐または奈良時代・8世紀

古代ペルシアに起源をもつ楽器で、胴部の捍撥には馬に乗って狩りをする人物や酒宴の様子など、エキゾチックな絵画が表わされています。
現在では黒ずんで見えにくいのですが、今回は正倉院事務所が制作された復元模写図を併せて展示します。
ところで、この琵琶の本当の見どころは背面なのです。
象牙や緑色に染めたシカの角を組み合わせて、蓮の花や舞飛ぶオシドリの姿が表わされています。
実際に演奏する時には見えなくなってしまう背面に、よくぞここまでの装飾を施したと感心しきりの逸品です。

そして、今回の特別展では、正倉院宝物と法隆寺献納宝物を同時に展示していますが、その目玉が「作品No.82 漆胡瓶」(正倉院宝物)と「作品No.83竜首水瓶」(法隆寺献納宝物)です。
   
正倉院宝物 漆胡瓶 唐または奈良時代・8世紀               


国宝 竜首水瓶 飛鳥時代・7世紀 東京国立博物館蔵(法隆寺献納宝物)

丸い胴体に細長い頸、片側に把手のついた水瓶は、「胡瓶」と呼ばれ、ササン朝ペルシアを中心とした古代西アジアに由来するものです。
正倉院のものはおそらく中国製と考えられ、漆の表面に銀の薄板を貼り付けて文様が表わされています。
その銀のパーツの細かいこと!可憐な草花や鳥、シカの文様が実に丁寧な仕事で表現されています。
一方の竜首水瓶は法隆寺献納宝物を代表する名品。
胴体にはギリシア・ローマ神話に登場する翼のある馬、天馬が足取りも軽やかに刻まれています。
この作品は文様表現や製作技法から飛鳥時代の日本で作られたものと考えられます。
西アジアを起源としたスタイルの器に、天馬の姿、そして注ぎ口は竜の頭という風に、まさにシルクロード各地の意匠を詰め込んだ、記念碑的な作品です。
現存する二つの「胡瓶」が出会う、歴史的な展示を是非ご覧ください。

そしてそして、忘れてならないとっておきが、「作品No.93白瑠璃碗」(正倉院宝物)と「作品No. 94白瑠璃碗」(トーハク蔵)も同時に展示していることです。

正倉院宝物 白瑠璃碗 ササン朝ペルシア・6世紀頃


重要文化財 白瑠璃碗 ササン朝ペルシア・6世紀頃 大阪府羽曳野市 伝安閑天皇陵古墳出土 東京国立博物館蔵 

トーハク所蔵のものは、江戸時代の半ばに大阪府羽曳野市の伝安閑天皇陵古墳から出土したものです。
どちらも6世紀頃にササン朝ペルシアの領域で作られたカットグラスです。
両者は昔から「兄弟」として親しまれてきましたが、実際に二つ並べて展示されるのは、これが史上初なのです!
「すいぶん懐かしいねー」とお話しているでしょうか。
実際に同じ工房で作られたかどうかは不明ですが、かなり近い環境で制作されたことは間違いないでしょう。
そっくりなようで、カットのデザインがやや異なる二つの白瑠璃碗。この機会にじっくりと見比べてみてください。

最後の最後ですが、後期の展示では「作品No.81 模造 伎楽面 迦楼羅」にもご注目ください。

模造 伎楽面 迦楼羅 令和元年(2019) 東京国立博物館蔵

去年の秋から、本特別展に間に合わせるべく、制作された復元模造作品です。
モデルとなったのは「作品No.79 伎楽面 迦楼羅」法隆寺献納宝物に伝来した、伝世作品としては世界最古の仮面の一つです。
トーハクと文化財活用センターの共同事業として、京都にある松久宗琳佛所に制作をお願いしたもので、私は監修にあたりました。

重要文化財 伎楽面 迦楼羅 飛鳥時代・7世紀 東京国立博物館蔵(法隆寺献納宝物)

今回が初公開でして、こんなにも飛鳥時代の色彩世界は鮮やかであったのかと、驚いていただければ幸いです。
なお、この伎楽面の詳しい制作手順などは『MUSEUM』 682号、および文化財活用センターウェブサイトから、ぶんかつブログ「よみがえった飛鳥の伎楽面!!」をご覧ください。

以上、長々とお話してきましたが、とても語り尽くせないほど、後期展示は魅力がいっぱいです。
是非とも足をお運び頂き、わが国が世界に誇る「正倉院の世界」に出合いに来てください。
新しい時代の始まりに際し、遠く古代の日本が国際社会の中で素晴らしい文化を取り入れて発展し、美の極致ともいうべき宝物群を未来に残してくれた、その類稀なセンスと努力を感じて頂ければと思います。
 

カテゴリ:「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」

| 記事URL |

posted by 三田覚之(工芸室) at 2019年11月12日 (火)

 

「正倉院の世界」展、後期の見どころ(前編)

こんにちは、今回の特別展を担当させて頂きました工芸室の三田です。
いよいよ特別展も折り返し地点。ここでは後期展示の作品について見どころをお話しします。
後期の展示では「作品No.60 黄熟香(蘭奢待)」と「作品No.108 甘竹簫」「作品No.109 楸木帯」、「作品No.114 塵芥」以外、正倉院宝物は全て展示替えとなります(宝物以外の正倉院事務所所蔵作品は通期展示)。

さてさて、前期展示の目玉は何といっても「作品No.69 螺鈿紫檀五絃琵琶」でしたね。
あまりの華麗さ・美しさに絶句して呆けたように見入ってしまいました。
後期の展示で螺鈿紫檀五絃琵琶を見ることはできませんが、前期に負けず内容を充実できるよう、書跡や工芸美術の名品が一挙に陳列されます。

まずは「作品No.6 雑集」。聖武天皇の御宸筆であり、天皇がしたためられた書としては、現存最古の作品です。

正倉院宝物 雑集(部分) 聖武天皇筆 奈良時代・天平3年(731)

全長21メートル42センチという長大な巻物で、仏教思想にまつわる様々な文章が集められています。
きわめて実直な文字が震えるような美しい線で記されていて、聖武天皇は本当に辛抱強く、繊細な神経をお持ちだったんだなーと感じます。
千年以上の時を超えて、人柄までもうかがい知ることができる素晴らしい宝物です。なお、今回はおそらく史上初めて、巻頭から巻末までを一挙公開します。極めて貴重な機会ですので、是非ご注目ください。

「作品No.10平螺鈿背八角鏡」は、今回ポスターでも使わせていただいた宝飾鏡の代表作です。

正倉院宝物 平螺鈿背八角鏡 唐時代・8世紀

聖武天皇のご遺愛品として20面納められたものの一つで、保存状態が極めて良いのも特徴です。
華麗な草花の文様が螺鈿の技法により表わされていて、白い部分はヤコウガイ、赤い部分は琥珀、下地にちりばめられているのはトルコ石です。
これは中国の唐時代に作られたものですが、南の海で採れる貝や西アジアの宝石など、アジア各地の素材が中国の技法でまとめ上げられています。
まさに巨大な版図を誇った大唐帝国でなければ作ることができなかった宝物といえるでしょう。
ちなみに、光明皇后によって東大寺に納められた年代(756年)や花の文様形式から、唐の玄宗皇帝の時代(712年~756年)に作られたことがわかります。
玄宗皇帝のお妃といえば有名な楊貴妃!楊貴妃と光明皇后という古代東アジアを代表するファッションリーダーのお二人は、きっとこのような宝飾鏡をお使いになっていたに違いありません。

「作品No.21鳥毛篆書屛風」は国産のキジやヤマドリの羽毛を貼り付ける技法と、型紙を使った吹絵の技法で交互に文字を表した作品。

正倉院宝物 鳥毛篆書屛風 奈良時代・8世紀

聖武天皇がお傍でお使いになった屏風と考えられています。
天皇が戒めとする言葉が記されている作品で、「主、独治すること無くば、臣、賛明する有り」つまり独裁政治をしなければ、家臣はよく補佐してくれるものだ、という内容が表わされています。
地の部分にはこれまた吹絵の技法で草花や鳥が表わされ、華麗な宮廷の生活を今に伝えています。

「作品No.38琵琶袋残欠」はもともと琵琶を納めていた錦の袋の残欠。

正倉院宝物 琵琶袋残欠 唐時代・8世紀

古代の琵琶袋としては世界唯一のもので、それだけでも大変に貴重なのですが、この錦はまた素晴らしい。
直径が53センチもある大変に濃密な唐花文が実に細かく、正確無比に表わされており、古代中国における錦の最高傑作として知られています。
今回の展示では、現在バラバラの状態にある残欠のすべてを展示しました。
正倉院所蔵の部分と、
ここトーハクが所蔵する部分を本来の形に添うように並べたのですが、おそらく全ての断片をこのような形で展示するのは史上初めてのことです。
あわせて平成4年(1992)に復元された模造も展示し、本来の形状がよくわかる展示となっています。今後ともなかなか望めない展示法ですので、是非ともご覧ください。

ドドーンと展示室の中央に置かれた「作品No.59花氈」も正倉院の染織美術を代表する作品。

正倉院宝物 花氈 唐時代・8世紀

長さ275センチ、横139センチという大型の敷物で、これでもかと唐花文が画面いっぱいに展開しています。
羊の毛をならべて水分を加え、圧縮をかけたいわゆるフェルトの作品で、特に文様を表わしたものを花氈といいます。
あらかじめ染められた羊の毛により、花びらには見事なグラデーションが表現されており、文様構成の雄大さとともに、精密な製作技法が見どころです。
正倉院に残される花氈のなかでも最高の傑作がこの作品であり、今回は特別に作られたケースによってごく近い距離からご覧頂けます。

今回のご紹介はここまでです。後編で第2会場をご紹介します。
 

カテゴリ:「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」

| 記事URL |

posted by 三田覚之(工芸室) at 2019年11月11日 (月)

 

正倉院がまもり伝えた心

正倉院がまもり伝えた宝物(ほうもつ)は、奈良時代の工芸品や文書など、さまざまなものから構成されています。
そのなかには螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)のように高度な技法で華やかな意匠を表わしたものもあり、正倉院宝物については美術的なところに目をうばわれがちです。





正倉院宝物 螺鈿紫檀五絃琵琶 唐時代・8世紀 展示期間:~11/4(月・休)
『東大寺献物帳』に記載される楽器。高度な螺鈿技法で、華麗な宝相華(ほうそうげ)という花文様などが表わされています。
撥を受ける捍撥(かんばち)という部分には玳瑁(たいまい)を用いて、駱駝にまたがって琵琶を演奏するペルシア人の姿が螺鈿で表わされています。


もちろん、そのように眺めて古人(いにしえびと)と美意識を共有するのは大変素晴らしいことなのですが、正倉院宝物の価値については、やはり奈良時代の文化財が倉庫に納められて伝わったということを改めて強調しておきたく思います。

世界的にみても、1200年以上も昔のものというのは地中から出土するのが普通ですが、そのようなものが倉庫で保管して伝わったということは非常に珍しい出来事です。
そして、それらの宝物の核となっているのは、聖武天皇の御冥福を祈って光明皇后が東大寺の大仏に対して献納された亡き天皇の御遺愛の品々なのであり、それら献納品の目録も残されています。
それが『東大寺献物帳』(以下『献物帳』)または『国家珍宝帳』とよばれる目録です。





正倉院宝物 東大寺献物帳(国家珍宝帳) 奈良時代・天平勝宝8歳(756) 展示期間:~11/4(月・休)
巻頭には「太上天皇(聖武天皇)のために国家の珍宝などを喜捨して東大寺に入れる願文」と記されているので、『国家珍宝帳』ともいわれます。全面に「天皇御璽」の朱印が捺されています。
螺鈿紫檀五絃琵琶については「亀甲鈿捍撥」と注記をしています。巻末には光明皇后の悲しみの気持ちが記されています。


『献物帳』は15メートルにも及ぶ長大な巻物ですが、驚くべきことに全巻を広げてもまったく曲がらず、ピーーーンとまっすぐに延びます。
全巻にわたって活字のように端正な楷書で六百数十点の献納された品々が記されており、それぞれの名称、寸法、材質などが記され、時には所持者の来歴なども記されています。
また、巻頭と巻末には光明皇后による願文が記されており、これらの品々が聖武天皇の御冥福を祈って奉納されたという経緯まで知れます。
そして、これらの内容が書き換えられることがないように、『献物帳』の全面に天皇御璽が捺されています。
これが考古学の発掘などで見つかった出土品であれば、学者がもったいぶって、当時の人が思いもよらないような名前をつけるところですが、『献物帳』に記載されている品々については当時の名前が正しく分かるということです。
そのような『献物帳』ですが、私はこの『献物帳』が伝えるものとして、古人の心を挙げておきたく思います。

『献物帳』の願文には、光明皇后の「末永く喜びをともにしましょうと言っていたのに」という思い出や「聖武天皇が御愛用された品々を見ていると、なつかしい日々を思い出して泣き崩れてしまいます」という悲しみが記されています。
遠い昔の歴史上の人々であったとしても、同じ人間であれば、愛する人を失った悲しみには変わりがありません。ここに私たちは古人と心を通わすことができるように思われます。

 

カテゴリ:「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」

| 記事URL |

posted by 猪熊兼樹(特別展室長) at 2019年10月30日 (水)

 

御即位記念特別展「正倉院の世界ー皇室がまもり伝えた美ー」

10月14日(月・祝)、特別展「正倉院の世界―皇室がまもり伝えた美―」が開幕しました。
皆様きっと開幕を楽しみに待ち望んでいたと思います。私も待ち望んでいました!



毎年秋に奈良国立博物館で開催している「正倉院展」をご存知の方は多いと思います。
ですが、当館で開催しているのは展覧会タイトルの通り「正倉院展」ではございません。
本展は、天皇陛下の御即位を記念し、正倉院宝物を中心とした飛鳥・奈良時代の国際色豊かな造形文化に焦点を当てた特別展です。
正倉院宝物と双璧をなす、東京国立博物館の法隆寺献納宝物をともに展示することで、正倉院宝物をとりまく造形文化の世界をより広い視野からご紹介します。
また、貴重な文化財を更なる未来に伝えるため、今なお行われる保存・修理・模造の取り組みも本展で紹介することも特徴のひとつです。

それでは展示室をご案内します。


まずは第1章「聖武天皇と光明皇后ゆかりの宝物」です。
なんといっても目を引くのはこちら。


正倉院宝物 東大寺献物帳(国家珍宝帳) 奈良時代・天平勝宝8歳(756) 展示期間:~11/4(月・休)

本品は聖武天皇の御遺愛品を中心とする宝物が東大寺大仏に献納されたときの目録です。
皆様は覚えていますでしょうか、今年1月に開催された特別展「顔真卿」で展示されていた祭姪文稿を
唐時代の肉筆としてとても貴重なものでしたが、それよりもこちらは古いものです。
非常に整った文字からは聖武天皇が深く偲ばれていたことが想像できませんか。
全長15m弱を一挙公開することは稀とのことです。

そのほか、第1章では聖武天皇と光明皇后ゆかりの宝物として、夜光貝や琥珀が散りばめられた鏡、象牙製の碁石などを展示しています。


続いて、第2章「華麗なる染織美術」。
正倉院宝物を代表するものとして、膨大な数の染織品があります。
本章では正倉院伝来品を中心として、天平文化を彩った華麗な染織美術の世界をご紹介します。


正倉院宝物 墨画仏像 奈良時代・8世紀 展示期間:~11/4(月・休)

うわっ大きい!と思わず声が出てしまいそうな存在感です。
幅は約70センチメートルあります。「租庸調」、教科書で一度は目にしたことがあるかつての日本の税金制度ですが、奈良時代に納められていた調庸布の標準的な幅が約70センチメートルだったそうです。
なじみのある言葉を聞くと、作品にも親しみがわいてきませんか?


正倉院宝物 花氈 唐時代・8世紀 展示期間:~11/4(月・休)

こちらは羊毛を染めて圧縮し毛氈(フェルト)にした敷物です。
近代に至るまで遊牧などの文化をもたなかった日本に毛氈があることは、異国の文物が運ばれてきたことを意味するそうです。


そして、第1会場の最後は第3章「名香の世界」。
天下人が切望した香木や、そのほか香を炊く道具を紹介します。


正倉院宝物 黄熟香 東南アジア

こちらは別称「蘭奢待」(らんじゃたい)として有名な香木です。
足利義政や織田信長らがこの香木を切り取った記録が残り、切り取らせたとされる箇所には目印があります。
一度でいいから香りをかいでみたいものです。


黄熟香元禄期収納箱 江戸時代・元禄6年(1693) 正倉院蔵 

隣には、黄熟香を納めるための木製の唐櫃も展示しています、あわせてご覧ください。


そして第2会場へ移動すると、第4章「正倉院の琵琶」がお出迎えしてくれます。
チラシやポスターにも掲載されている螺鈿紫檀五絃琵琶を楽しみにしていた方は多いのではないでしょうか。


正倉院宝物 螺鈿紫檀五絃琵琶 唐時代・8世紀 展示期間:~11/4(月・休)

写真では伝わりにくいかもしれませんが、とても、とても美しい琵琶なんです。
こちらは正倉院宝物を代表する優品として知られています。
背面の装飾もぜひ会場でご覧ください。細やかな装飾が琵琶の美しさを一層引き立てています。
また、同じ部屋に完成までに8年費やし今年完成した復元模造品もあります。

終わりも近づいてきました、第5章「工芸美の共演」です。
こちらの章では主に同じ用途のために製作された、正倉院宝物と法隆寺献納宝物を展示しています。
飛鳥時代から奈良時代にかけての美意識の変遷をぜひご覧ください。


第5章展示風景


そして最後の章、第6章「宝物をまもる」です。
本章では江戸時代から現代にわたる正倉院宝物の調査と修復作業に焦点をあて、あわせて博物館時代以来の当館との繋がりをご紹介いたします。


(左) 模造 螺鈿紫檀五絃琵琶 明治32年(1899) 東京国立博物館蔵 
(右) 模造 螺鈿紫檀阮咸 明治32年(1899) 東京国立博物館蔵 


模造を製作するためには、構造、材質、文様、技法を把握する必要があります。
模造を製作することはある種壮大な論文を書き上げるようなもので、その工程が今後の保存や修理に資することが期待されます。
このほか本章では一部原寸大で再現した宝庫、VR画像などで正倉院の雄大なスケールを体感いただけるスペースがございます。

いかがでしたでしょうか。
正倉院宝物が今もなおまもり伝えられているのは、偶然でも奇跡でもありません。
天皇陛下による勅封という管理制度を中心に、人々の努力によって宝庫と宝物がまもられてきました。
本展をご覧いただき、これからも未来の人たちに貴重な文化財をまもり伝えていくことの重要性を少しでも感じていただければ幸いです。
会期は11/24(日)までです。

※会期中展示替えがあります。

カテゴリ:「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」

| 記事URL |

posted by 柳澤想(広報室) at 2019年10月18日 (金)

 

今秋、正倉院宝物がトーハクへ

毎年秋に奈良国立博物館で開催している「正倉院展」をご存知ですか? 
とても貴重な正倉院宝物を一目見ようと、毎年大勢のお客様で賑わう展覧会です。正倉院宝物を見に、奈良国立博物館へ行くのを楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

朗報です!
今秋、正倉院宝物がトーハクにやってきます。

しかも、正倉院宝物を代表するような作品が来ます!

なぜかと言いますと、御即位記念特別展「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」をトーハクで開催するからです。会期は2019年10月14日(月・祝)~11月24日(日)です。

本展の報道発表会を5月17日(金)に行いましたので、その模様とあわせて本展をご紹介いたします。


展覧会概要の説明者は本展担当研究員である猪熊特別展室長



本展は天皇陛下の御即位を記念して、正倉院宝物を中心に、トーハクが所蔵する法隆寺献納宝物などをあわせて展示し、古代の日本の国際色豊かな文化を紹介するものです。

まず、この展覧会の骨子である、「正倉院宝物」、「法隆寺献納宝物」についてご説明します。


正倉院宝物とは?



正倉院宝物は、光明皇后が聖武天皇の御遺愛品をはじめとした品々を東大寺大仏に捧げられたことに由来します。およそ1260年にわたり人から人の手で守り伝えられてきた、世界的にも比類のない文化財です。また、日本で製作された美術工芸品や文書類のほか、海外から伝来した国際色豊かな品々があります。また、古代の技術や人々の交流を示すものでもあります。

法隆寺献納宝物とは?



明治11年(1878)に法隆寺から皇室に献納され、昭和22年(1947)に国へ移管された宝物300件を指し、現在はトーハクが所蔵しています。正倉院宝物が8世紀の作品が中心であるのに対して、それよりも一時代古い7世紀の宝物が数多く含まれていることが大きな特色で、正倉院宝物と双璧をなす文化財として高い評価を受けています。

両宝物は同じ用途に製作された作品でも、時代や素材により造形美が異なります。それぞれの特色を間近でご覧いただけるように展示する作品もございます。


(右)漆胡瓶[しっこへい] 唐または奈良時代・8世紀 正倉院宝物
(左)国宝 竜首水瓶[りゅうしゅすいびょう] 飛鳥時代・7世紀 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)
展示期間:11月6日(水)~24日(日)

どちらも異国風の水差しですが、形や文様の違いを見比べてください。


(右)伎楽面 酔胡王[ぎがくめん すいこおう] 奈良時代・宝亀9年(778) 正倉院宝物
(左)重要文化財 伎楽面 酔胡王 東京国立博物館(法隆寺献納宝物)
展示期間:10月14日(月・祝)~11月4日(月・休)


伎楽は、中国南部(呉)に由来するセリフを伴わない音楽劇です。これは、酔っぱらった胡の国(ペルシア等の西アジア)の王様が従者を従えて舞い踊る演目に用いられた面です。

両宝物の夢の共演をぜひご堪能ください。


そしてこのほかにも、正倉院宝物の代表作を公開!


螺鈿紫檀五絃琵琶[らでんしたんのごげんびわ] 唐時代・8世紀 正倉院宝物 
展示期間:10月14日(月・祝)~11月4日(月・休)


螺鈿の装飾は圧巻です。会場では背面の装飾もぜひご覧ください。


紫檀木画槽琵琶[したんもくがのそうのびわ] 唐または奈良時代・8世紀 正倉院宝物 
展示期間:11月6日(水)~24日(日)


撥[ばち]が当たる部分には馬に乗って狩猟を行う人物や山中での酒宴の様子が描かれています。


「法隆寺献納宝物とあわせて展示することはわかったが、奈良国立博物館で開催する『正倉院展』と何が違うのか」と疑問に感じる方はいらっしゃるかもしれません。サブタイトルの「皇室がまもり伝えた美」にご注目ください。本展では、正倉院宝物の保存の歴史や、今なお行われる保存の取り組みについても、正倉院宝物以外の資料もお見せしながらご紹介します。宝物が時の皇室による保護のもと、人から人へと守り伝えられてきたことをぜひ実感してください。


さらに「トーハクで正倉院宝物を展示するのなら、毎年秋に開催している奈良国立博物館の『正倉院展』はどうなるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

安心してください。奈良国立博物館も秋に「正倉院展」を開催します。
実は、今回の報道発表会はトーハクと奈良国立博物館の合同報道発表会でして、正倉院宝物が見られる両展をご紹介する場でもありました。


「正倉院展」概要の説明者は奈良国立博物館内藤学芸部長


東京でも奈良でも正倉院宝物を見ることのできる今年の秋。皆様今からわくわくしてきませんか。ぜひ両展どちらもご覧ください!

カテゴリ:「正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-」

| 記事URL |

posted by 柳澤想(広報室) at 2019年05月23日 (木)

 

最初 前 1 次 最後

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出来事など、トーハクスタッフによる最新情報をお届けします。

 

 

カテゴリ一覧

 

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

 

他のブログを見る

更新情報