TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

六観音菩薩像のお背中、ついに公開

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」、10月30日(火)より、後期展示が始まりました。六観音菩薩像の光背をとりはずして別途展示し、光背そのものも、またご尊像の後ろ姿もご覧いただけるようになりました。

展示手法の記録はあまり残されないため、はっきりしたことは言えないのですが、トーハク史上、いやもしかしたら日本の展覧会史上、初めての珍しい試みと言ってよいかもしれません。

 
後期の展覧会会場の様子。光背を、像の後方に設置した台のうえに展示しています。


六観音菩薩像は、江戸時代の寛文10年(1670)に、北野社(現在の北野天満宮)大鳥居の南側にあった北野経王堂から、大報恩寺に移されました。北野経王堂は、室町時代に、幕府の3代将軍足利義満が建てたお堂なので、それ以前に造られていた六観音菩薩像が、もともとどこにあったものなのかは、まったくわかっていません。また経王堂が建てられた後、どの段階で、六観音菩薩像が北野経王堂に安置されたのかも、残念ながらわかりません。

この六観音菩薩像の移動に関する謎をめぐっては、絵画担当の土屋貴裕による渾身のコラム、図録所載の「北野経王堂の変遷―大報恩寺六観音像の移座をめぐって」を、ぜひご参照ください。


重要文化財 六観音菩薩像(左より、聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝観音、如意輪観音)、肥後定慶作、貞応3年(1224) 大報恩寺


さて六観音とは、聖観音・千手観音・馬頭観音・十一面観音・准胝観音(天台宗では不空羂索観音とされますが、宗派による区別はさほど厳密ではなかったようです)・如意輪観音という六つの観音菩薩の総称です。六観音信仰は、平安時代半ばごろより盛んになり、記録から数多くの像が造られたことがわかります。

ですが、現存する作例はありません。そうしたなか、この大報恩寺の六観音菩薩像は、六軀が完存する中世以前の作として、唯一の例です。台座、光背も、造像当初のものが残る奇跡的な作と言っても過言ではありません。

准胝観音の像内に墨書があり、肥後定慶(以下、定慶とします)が貞応3年(1224)に造ったことがわかります。定慶41歳の時の作で、定慶作と認められている像のうち、もっとも古いのものです。

定慶は、運慶の作風をよく学んでおり、准胝観音のたまご型の顔立ち、18本の手の絶妙な配置などの立体に対する感覚や、着衣などの基本的な形式に、運慶の強い影響を認めることができます。

 
准胝観音菩薩立像


 
定慶の衣文 
つまみあげるような衣文が定慶の衣文表現の特徴



准胝観音以外の5軀の造像は、定慶とは異なる別の慶派仏師が担当したようで、それぞれに少しずつ違いがあります。衣文ひとつとってみても、それぞれにずいぶん異なります。6軀そろってのトーハクご出張で、しかも今なら光背なしの後ろ姿までご覧いただけますから、違いをじっくりと見比べることのできる絶好のチャンスです。

造像全体の責任者であった定慶が、寄せ集めた仏師たちに、「こんな感じで」と基本的な指示した後、担当仏師が定慶をまねようと奮闘した様子などを、ついあれこれ想像をめぐらしてしまいます。

 
千手観音の頭上面(背面側)


 
十一面観音の頭上面(背面側)
普段は光背に隠れて見ることのできない、背面側の頭上面もご覧いただくことができます。なぜか、千手観音菩薩の暴悪大笑面(頭上真後ろの1面)は口を開けて笑っていない。


お寺にお戻りになったら見られない、今だけのお姿、ぜひお見逃しなく。

カテゴリ:研究員のイチオシ仏像「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

| 記事URL |

posted by 皿井舞(絵画・彫刻室主任研究員) at 2018年11月07日 (水)

 

奇跡の再会 釈迦と十大弟子

京都の名刹、大報恩寺の寺宝をご覧いただく特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」。開幕して早くもひと月が経とうとしていますが、大勢のお客さまにお楽しみいただいております。

なかでも、「聖地の創出―釈迦信仰の隆盛」では、年に数回しか公開されない秘仏本尊、釈迦如来坐像と、十大弟子立像をご覧いただき、荘厳なお釈迦さまと、生き生きとした仏弟子の表現に魅入ったという方もおられるのではないでしょうか。



展示室の様子

釈迦如来坐像は、空洞になった像内に記された銘文から、快慶の弟子である行快の作であることがわかります。一方、十大弟子は目犍連像の足枘(ほぞ)などに記された銘文を見ると、快慶が手がけたものでまちがいありません。

十大弟子は老若さまざまに表現されていますが、いずれも個性的で、ケース内ではなく露出展示された像の周りを歩けば、あたかもその人がそこにいるような錯覚すら覚えます。さすが快慶ですね。



重要文化財 十大弟子立像のうち(左)(上)富楼那立像、(右)(下)目犍連立像 快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

快慶には大勢の弟子がいましたが、「快」の字を使うことが多いのでわかります。なかでも行快は右腕として活躍した人物のようで、ほかにも7件ほど遺品が知られます。師匠である快慶の作風を忠実に受け継ぎながら、より切れ長の目や、頬の張った顔立ちが行快の個性といえるでしょう。



重要文化財 釈迦如来坐像 行快作  鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

ともに、大報恩寺本堂に安置されていましたが、現在は保存環境や防災・防犯上の理由により、本尊の釈迦如来像以外の文化財はすべて収蔵庫へ移されています。

つまり、本展で釈迦如来と十大弟子が一堂に会するのは、収蔵庫が建設されてからおよそ半世紀ぶりなのです!

そう思うと、「お久しぶりですね」「お元気でしたか?」といった会話が聞こえてくるよう。

お弟子さんに囲まれたお釈迦さまは、いつもより堂々として見えますし、お弟子さんもなんだかうれしそうですね。

ちなみに、かつて十大弟子が安置されていた際には、本尊を納める厨子のなかに並んでいたようです。



釈迦・十大弟子・誕生釈迦仏像の旧安置状況(田邉三郎助氏提供) 
詳しくは、展覧会図録「資料編」をご参照ください。他にも貴重な写真をたくさん掲載しております。


さすがに、あまりに混み混みなので(8人はわかりますが、あと2人はどこ?)、本来はどのように安置されていたのかわかりません。

会場では、十大弟子の筆頭に挙げられる目犍連と舎利弗を釈迦の両脇に、ほかの方々をそれぞれ左右に配置しましたが、みなさまも顔の向きや視線を参考に、どんな風に安置されていたか、ぜひ想像していただければ幸いです。
 

カテゴリ:研究員のイチオシ仏像「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

| 記事URL |

posted by 西木政統 at 2018年10月23日 (火)

 

「みほとけ」だけじゃない 必見! 大報恩寺展の隠れた名品

開幕から2週目を迎えた特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」。運慶と並ぶ鎌倉初期のスター仏師である快慶はもちろん、その次世代にあたる定慶や行快といった仏師たちによる鎌倉彫刻の名品をご覧いただいています。
今回、展覧会開催に先立って作成されたポスターやチラシ、今さらケチをつけるのはなんですが、個人的にはちょっと不満があります。これを見たら彫刻オンリーの展覧会といった印象が強いのではないかと思うからです。


   
彫刻ばかりのチラシや図録。これを見たら、普通彫刻だけの展覧会と思いますよね? 図録の表紙も「みほとけ」メインのビジュアル。

ですがこの展覧会、「みほとけ」以外にも隠れた注目作品があります。今回はそんな作品の一つをご紹介したいと思います。会場入ってすぐ、「大報恩寺の歴史と寺宝-大報恩寺と北野経王堂」のコーナーで展示している北野経王堂図扇面です。


 



展覧会最初の部屋。こちらが今日の話の主役です。

大報恩寺の展覧会なのに北野経王堂? そもそも北野経王堂ってなんだ? 展覧会に文句を言っておきながら、何を血迷ったこと言っているんだ!
おっしゃる通り。当然の疑問とお叱りですが、落ち着いてちょっと話を聞いて下さい。大報恩寺には北野経王堂ゆかりの文化財が数多く伝来しています。そして大報恩寺の歴史を考える上で、北野経王堂は切っても切れない関係にあるのです。
北野経王堂は室町幕府3代将軍足利義満が建てた仏堂で、大報恩寺のご近所である北野天満宮の南にありました。ここでは、北野万部経会という千人の僧が十日間にわたり法華経を読む大規模な仏事が、応仁の乱まではほぼ毎年行なわれていたようです。室町時代後期には経王堂の管理を大報恩寺が行なうようになりますが、江戸時代には衰退し、最終的にここにあった宝物の多くは大報恩寺に移されました。今回出陳頂いている北野経王堂一切経や傅大士坐像および二童子立像、そして六観音菩薩像も、実はもともとこの北野経王堂にあった宝物です。



重要文化財 北野経王堂一切経 応永19年(1412) 京都・大報恩寺蔵
(会期途中に帖替え有り)
総数五〇四八帖を数える北野経王堂一切経。一切経は膨大な数のため版木で刷られたものが一般的ですが、この一切経は一筆一筆写されたものとして大変貴重です。しかも約5ヶ月間という驚異的なスピードで書写されました。



重要文化財 傅大士坐像および二童子立像 院隆作 室町時代・応永25年(1418) 京都・大報恩寺蔵
一切経の納められていた輪蔵の守護神として造られました。傅大士は古代中国で一切経を納める回転式の本棚、輪蔵を初めて考案した人物だそうです。


そしてこの経王堂、今はほとんどその名を知る人はいないと思いますが、当時としてはちょっとした有名スポットだったようで、多くの洛中洛外図に描かれています。例えば、今回展示している洛中洛外図屏風(模本)。


   
洛中洛外図屏風(模本) 中村三之丞他筆 江戸時代・17世紀(原本=室町時代・16世紀) 東京国立博物館蔵
(展示期間:10月2日(火)~10月28日(日)) 
江戸時代の模本ですが、原本は室町時代に描かれた貴重な作。室町時代にさかのぼる洛中洛外図屏風は、本作含め四件しか確認されていません。


北野天満宮の朱塗りの鳥居の左手(南側)、瓦葺きの建物が北野経王堂で、天満宮の右下(東側)、「北野しやか(釈迦)堂」、つまり大報恩寺も描かれています。
室町時代には、こうした京都の景観を一望に描く屏風とともに、それぞれの名所を扇面や色紙に描く作例も現われます。今回ご紹介する北野経王堂図扇面も、様々な名所を描いた扇面のセットのうちの一つと考えられます。画面をよく見てみましょう。



北野経王堂図扇面 室町時代・16世紀
(展示期間:10月2日(火)~10月28日(日))

画面はまさに北野万部経会の賑わいを描くものです。お堂の手前に賽銭箱が見えるのも興味深いところで、正面には「経王堂」の扁額が掛かります。本展にも経王堂に掲げられていたという扁額が出陳されていますが、こちらは縦長。扇面は横長。たくさんの京中の名所を描かなくてはならないのですから、このあたりはご愛敬です。堂内では多くの僧侶が手に経巻を持ち、大きく口を開けてお経を読んでいる姿が描かれます。僧侶の朗らかな表情に、見ていて思わず笑みがこぼれます。

経王堂での万部経会を描く作例は本図のほかに上杉本「洛中洛外図屏風」しか確認できないため、大変貴重な作例です。しかも、後期に展示する、同じ画題の「北野経王堂図扇面」が、堂内はがらんどうで少しさみしい感じがするのとは対照的です。



北野経王堂図扇面 狩野宗秀筆 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館蔵 
展示期間:10月30日(火)~12月9日(日))
こちらは北野天満宮の大鳥居や影向の松を描き、経王堂そのものというよりは「北野」という地に焦点を当てた作品だと考えられます。


この扇面が描かれた室町時代後期には、北野万部経会はほとんど行なわれていませんでした。つまりこの万部経会の賑わいは、当時にとっては過去の出来事、現実には「フィクション」でもあったわけです。それをなぜ、このように賑やかに描いているのか?
北野万部経会は歴代の室町将軍が主導して行なわれた仏事でした。おそらく本図には、応仁の乱以前の京都の賑わいを復古的に描くような意図があったのでしょう。そしてこの仏事が室町将軍に関わるものであったということは、本図制作の背景に将軍家に近い人物の関与を想起させます。

この北野経王堂図扇面は、本展のメイン作たる彫刻作品に比べるととてもささやかな作品かもしれません。ですが金色に輝く雲間からのぞく経王堂は大変華やかです。しかも画中の人物たちは皆々とても楽しそうで、見ているこちらもなんだか楽しくなってきます。
万部経会が、僧たちの読むお経を聞くことが本来的な目的であったとは言え、今ではさながらコンサートやライブ、観劇やスポーツ観戦、そして展覧会を見に行くような感覚だったのではないかと思います。厳かな仏事というよりは、非日常の楽しいイベント(お祭り)に参加しているようなノリだったのではないでしょうか。そんな室町人の底抜けの明るさのようなものが、この画面から感じられます。
この画面の外には、食べ物屋さんやお土産を売るような屋台とかたくさんあったんだろうなあ… などと、さらに余計なことを一人妄想しながら、この北野経王堂図扇面を展示していたのでした。そんな思いの詰まった(?)この作品が見られるのも10月28日(日)まで。「みほとけ」だけではない、大報恩寺展の魅力あふれる作品をぜひともお見逃しなく。

カテゴリ:研究員のイチオシ「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

| 記事URL |

posted by 土屋貴裕(特別展室主任研究員) at 2018年10月11日 (木)

 

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」、特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」開幕!

10月2日(火)、2つの待望の特別展が開幕しました!




まずは、平成館のエスカレーターを上って左側、特別第1・2室の特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」についてご紹介します。

この展覧会は、2部で構成されています。
フィラデルフィア美術館が企画・監修した第1部「デュシャン 人と作品」(The Essential Duchamp)展。「現代美術の父」と称されるマルセル・デュシャン(1887-1968)の作品、関連文献資料、写真などによって、デュシャンの人生と芸術活動を時系列でたどります。


第1部 マルセル・デュシャン没後50年記念「デュシャン 人と作品」の展示室。
手前:《自転車の車輪》 マルセル・デュシャン 1964年 (レプリカ/オリジナル1913年)
右奥:《芸術家の父親の肖像》 マルセル・デュシャン 1910年

いずれもフィラデルフィア美術館蔵


《泉》の印象が先行しがちなデュシャンですが、最初は「画家」として活動していました。印象主義からフォヴィスムにいたるまで、さまざまな前衛的な様式に実験的に取り組んだ作品群が、まとまって展示されています。


左:《叢》 マルセル・デュシャン 1910-11年
右奥:《階段を降りる裸体 No. 2》 マルセル・デュシャン 1912年

いずれもフィラデルフィア美術館蔵


その後、通常の「絵画」制作を止めたデュシャンは、伝統的に理解されていた絵画の枠を押し広げ、そこから飛び出しました。いわゆる「レディメイド」と呼ばれる一連の作品の制作が、この時期にはじまります。


手前:《瓶乾燥器》 マルセル・デュシャン 1961年(レプリカ/オリジナル1914年)
右奥:《泉》 マルセル・デュシャン 1950年(レプリカ/オリジナル1917年)

いずれもフィラデルフィア美術館蔵


この後のデュシャンの展開は、ぜひ実際に会場でお確かめください!

そして、第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」では、トーハクが誇る日本美術コレクションを、デュシャンにちなんだ5つのテーマで展示しています。デュシャンの作品や関連資料を見てきて、鍛えられてきた脳で日本美術を見てみると、いつもと違う面白さが立ち顕れてくるようです。


第2部の展示風景


日本美術を、いつもと少し違う視点で見てみること。それをエンジョイすることができたなら、それはデュシャンのおかげかもしれません。


続いて、平成館のエスカレーターを上って右側、特別第3・4室の、特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」をご紹介します。

大報恩寺というお寺を皆様ご存知でしょうか。京都では千本釈迦堂の名で親しまれる、2020年に開創800年を迎える古刹です。
12月の「大根だき」や2月の「おかめ福節分」などの年中行事も風物詩として親しまれています。
また、大報恩寺には慶派スーパースターの名品が伝わっており、
昨年は60万人の皆さまにお越しいただいた「運慶」展では運慶とその父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品が揃いましたが、本展でも快慶、定慶、行快らの傑作がずらりと集まります。

ずらりその1
秘仏本尊「釈迦如来坐像」寺外初公開!


重要文化財 釈迦如来坐像 行快作 鎌倉時代・13世紀 大報恩寺蔵


きりりとした切れ長の目が印象的で、実にイケメンです。
快慶の弟子である行快によるこの作品は大報恩寺でも年に数回しか公開されない秘仏で、
今回トーハクでの展示が寺外初公開となりました。
普段は大報恩寺の本堂内陣須弥壇上の厨子内に安置されていますので間近にご覧になれる機会は多くありません。
360度じっくりとぜひご覧ください。

ずらりその2
十大弟子立像、10体揃っての寺外での公開は初!


重要文化財 十大弟子立像 快慶作 鎌倉時代・13世紀 大報恩寺蔵


釈迦の弟子のうち10人のなかでもとりわえて優れた人物を10人とりあげて、十大弟子と呼びます。
写真には4体しか映っていませんが、十大弟子立像が10体揃って同じ空間に展示されています。
それぞれのお像を360度じっくりと観覧できるように十分なスペースを確保しています。
それぞれが実に個性的な顔立ちをしているので、
ぜひ特徴を見比べながらご覧ください。

ずらりその3
重要文化財に指定された唯一の六観音!


重要文化財 六観音菩薩像 肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)大報恩寺蔵


6体とも保存状態がよく、しかも台座と光背までが完存する例はほかにはありません。
リアルな人体表現も素晴らしいですが、細部にも目を凝らしてください。
中でも抜群の出来映えを示す、准胝観音の髪の表現や空気をはらむような衣の表現などは圧巻です。
とても貴重なこの作品も360度じっくりとご覧いただけます。
また、会期の後半(10月30日(火)~)からは光背を取り外して展示しますので、
ぜひ光背つきのお姿と光背なしのお姿とそれぞれご覧ください。


おまけ




漫画「聖☆おにいさん」とのコラボTシャツを、会場特設グッズショップ限定で販売しています。
快慶、定慶を2人で着れば、聖☆おにいさんのブッダとイエスになれるかも!?

両特別展ともに会期は12月9日(日)までです。ぜひお見逃しなく!

カテゴリ:「マルセル・デュシャンと日本美術」「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

| 記事URL |

posted by 小島佳、柳澤想(広報室) at 2018年10月03日 (水)

 

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」報道発表!

東京国立博物館では、今年10月2日(火)~12月9日(日)、
平成館特別展示室3・4室にて特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」を開催いたします。
4月25日(水)に報道発表会を行いました。

まずは当館副館長の井上洋一と、大報恩寺の菊入諒如[きくいりりょうにょ]住職より主催者挨拶をいただきました。


井上洋一東京国立博物館副館長


菊入諒如大報恩寺住職

大報恩寺は京都市上京区にあり、千本釈迦堂[せんぼんしゃかどう]の名で親しまれています。
また、鎌倉時代、1220年に義空上人が開創した古刹で、応仁の乱を始めとする幾多の戦火を免れ、本堂は京都市内最古の木造建築として国宝に指定されており、大変歴史があります。

大報恩寺地図
             

大報恩寺本堂

このたび、2020年に開創800年を迎えることを記念し、大報恩寺が誇る慶派仏師の名品を一堂に集め、鎌倉彫刻の魅力を堪能する本展覧会の見どころを、担当をしている絵画・彫刻室主任研究員の皿井舞より解説いたしました。


展覧会担当 皿井による解説

見どころ、快慶晩年の名品、重要文化財「十大弟子立像」。


重要文化財 優婆離立像(十大弟子立像のうち)
快慶作 鎌倉時代・13世紀 大報恩寺像


快慶の最晩年の名品「十大弟子立像」を10体揃って大報恩寺の外で公開するのは初めて!
あまたの釈迦の弟子から選りすぐられた10人の僧侶の像です

次の見どころは、快慶の弟子行快作、重要文化財「釈迦如来坐像」。


重要文化財 釈迦如来坐像 
行快作 鎌倉時代・13世紀 大報恩寺蔵


大報恩寺の本尊で、年に数回しか公開されない秘仏です。こちらも大報恩寺の外での公開は初めてです。

「十大弟子立像」は製作された当初は本堂にて「釈迦如来坐像」を囲むように安置されていました。
本展覧会では、当初の本堂での安置状況を考慮しながら、展示する予定です。

最後の見どころは、運慶の弟子、肥後定慶作、「六観音菩薩像」。


重要文化財 准胝観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)
肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224) 大報恩寺蔵


重要文化財に指定される唯一の六観音像です。台座も光背も造像当時のものを残し、その背面の隅々まで精緻に彫られています。

本展覧会では、「六観音菩薩像」を360度ご覧いただき、会期前半(10月2日~10月28日)は光背を付けた本来の姿で、会期後半(10月30日~12月9日)には光背を取り外した美しい後ろ姿を間近でご覧いただけます。
会期前半と後半で、仏像の違う表情、魅力を堪能できる、東京国立博物館史上初の試みです。
ぜひご注目ください。


光背つきの姿


光背なしの姿

そのほかにも、近接する北野天満宮境内にかつてあった北野経王堂ゆかりの寺宝、五千帖を超す一切経や、北野社を描く境内図などから、京洛の釈迦信仰の拠点であった大報恩寺の歴史を振り返ります。

2017年に開催された、奈良国立博物館の「快慶」展、東京国立博物館の「運慶」展に続く、快慶、定慶、行快ら、慶派スーパースターの名品がトーハクに集結する大変貴重な機会となります。今秋開幕です!皆様どうぞお楽しみに!

また、東京国立博物館・フィラデルフィア美術館交流企画特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」(2018年10月2日(日)~12月9日(日) 平成館特別展示室1・2室)を開催します。



この展覧会は、第1部「デュシャン 人と作品」(原題The Essential Duchamp)展、第2部「デュシャンの向こうに日本が見える。」展と2部構成となります。
デュシャンの作品ととともに日本美術を比べて見ることができるこの展覧会も要注目です。

なんと、お得なセット券も販売します!
ぜひセット券をお買い求めの上、両展覧会をお楽しみください。

おまけ


お土産としてお渡しした「おかめ」の福守り

「おかめ」発祥の地と知られている大報恩寺は、お参りすると、縁結び、夫婦円満、子授けにご利益があると言われています。
京都旅行の際には、ぜひ立ち寄ってみては。

カテゴリ:news「マルセル・デュシャンと日本美術」「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

| 記事URL |

posted by 柳澤(広報室) at 2018年05月01日 (火)

 

最初 前 1 次 最後

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出来事など、トーハクスタッフによる最新情報をお届けします。

 

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

 

他のブログを見る

更新情報