TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

明日から開催! 春の恒例「博物館でお花見を」

あす3月14日(火)より、春の恒例企画「博物館でお花見を」(~4月9日(日))、「春の庭園開放」(~5月7日(日))が始まります。

博物館でお花見をチラシ


今年の東京の桜は、3月22日(水)頃の開花、満開は3月31日(金)頃との開花予想が出ています。
会期中の3月21日(火)以外は開館し、3月31日(金)、4月1日(土)、4月7日(金)、4月8日(土)は庭園ライトアップ(19時30分まで)を行います。
満開の時期に庭園の桜をゆっくりとお楽しみいただけそうですね。


庭園ライトアップ
昨年の庭園ライトアップの様子

また、4月11日(火)から開催の特別展「茶の湯」に関連し、庭園開放期間を5月7日(日)まで延長!
小堀遠州ゆかりの茶室「転合庵」を特別に公開。茶室に入ることはできませんが、外からご覧いただけます。


いつもより長い期間の庭園開放となりますので、例年はご覧いただくチャンスがなかった遅咲きのカンザンやケンロクエンキクザクラもお楽しみいただけることでしょう。
庭園入口で配布しているマップを見ながら、ぜひ探してみてください。


カンザン ケンロクエンキクザクラ
左:カンザン 右:ケンロクエンキクザクラ



「博物館でお花見を」では、桜をモチーフにした作品の展示のほか、鑑賞ガイドやギャラリートーク、ぬりえワークショップ、コンサートなど、当日参加可能なイベントをご用意しています。

花下遊楽図屏風
国宝  花下遊楽図屛風(部分) 狩野長信筆 江戸時代・17世紀
2017年3月14日(火)~4月9日(日)、本館2室(国宝室)にて展示

その他の作品は、本館桜めぐりのページでご紹介しています。
 


桜ワークショップ「春らんまん 桜ぬりえ」
2017年3月23日(木) ~ 2017年3月26日(日)  
11:00 ~ 16:00  本館2階ラウンジ
ぬりえワークショップ



桜の街の音楽会 チェロ・ソロ 林はるか(チェロ)
2017年3月31日(金) 13:00 ~ 13:20
本館大階段

コンサート
昨年のヴァイオリンコンサートより


桜の街の音楽会 ヴァイオリンとヴィオラのデュオ 佐藤恵梨奈(ヴァイオリン)& 樹神有紀(ヴィオラ)
2017年4月3日(月) 13:00 ~ 13:20
法隆寺宝物館エントランス

その他のイベントは、イベントカレンダーをご覧ください。


もちろん、恒例のスタンプラリー(チラシ見開きページの右端がスタンプラリーの台紙)も実施します!
今年もトーハクくんの限定デザインバッジが登場! 隠れたコレクターズアイテムとして人気のバッジをぜひゲットしてください。
※お好きな方をお選びいただけますが、限定デザインバッジが一日の配布予定数に達すると、「花よりだんご」バージョンのみになります。

スタンプラリー バッジ



トーハクくんとユリノキちゃんも、4月1日(土)に登場します。
登場予定時間は、11時~、13時~、15時~、いずれも本館前、各30分程度です。
このほかにも、気まぐれに登場するかもしれません。トーハクのTwitterFacebookでお知らせしますので、随時チェックしてください。
ぜひ、ふたりと一緒に満開の桜をお楽しみください。

トーハクくんとユリノキちゃん



今年も多くの皆様のご来館をお待ちしています!


 

カテゴリ:お花情報news催し物博物館でお花見を

| 記事URL |

posted by 奥田 緑(広報室) at 2017年03月13日 (月)

 

特集陳列「花生」─花を活け、愛でる楽しみ─

5年ほど前、「茶人好みのデザイン~彦根更紗と景徳鎮」という特集陳列を企画して、講演をさせていただいたことがあります。たしかその時だったと記憶しておりますが、講演が終わって館内を歩いていると、「次回は花生で企画してくださいね」とお客様から声をかけていただきました。以来ずっと、花生の特集陳列をやってみたいという思いが心にありました。ずいぶん時間が経ってしまいましたが、そのあいだに博物館には頼もしい日本陶磁の研究員が新たに加わりました。そして今年、ようやく花咲く季節に特集陳列「花生」(2013年3月19日(火) ~6月2日(日)、本館14室 )を開催することができたのです。


今回は備前(写真1)、伊賀、丹波といった日本のやきもの、青磁、青花、五彩の中国のやきもののほか、竹(写真2)や瓢、古銅など、さまざまの材質の器を集めました。季節や目的によって花生は四季折々の植物を生かし、空間に色を添えるのです。時代が変わっても、わたしたち日本人の心の基層には、花を活け、そして愛でるという尊くこまやかな楽しみがあることを誇りに思います。

 
左(写真1):旅枕花生 備前  江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵(広田松繁氏寄贈)
右(写真2):竹花生 伝金森宗和作 江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵(広田松繁氏寄贈)


そして、みなさま展示をご覧になって、お気づきでしょうか。総出品数22点のうち、半数が広田松繁(不孤斎(ふっこさい)、1897~1973)のコレクションによるものです。

中国陶磁のすぐれた蒐集家として名高い不孤斎ですが、こうして花生に焦点をあててみると、そのコレクションには備前や竹、瓢といった和物の花生や、唐物の代表格である青磁のほか、古染付・呉州手(写真3)の花生など、多彩な顔がそろっています。いかにも茶の湯を愛した不孤斎の好みらしい、気品あふれる作品ばかりです。


(写真3):呉州赤絵龍文双耳花生 漳州窯・中国 明時代・17世紀  東京国立博物館蔵(広田松繁氏寄贈)

風があたたかく、気持ちの良い季節になりました。初々しい花々が匂う博物館へ、そして14室「花生」へ、ぜひお運びください。

つつじ
桜がおわり、新緑あふれる博物館の庭ではつつじが見頃です。
 

カテゴリ:研究員のイチオシお花情報

| 記事URL |

posted by 三笠景子(保存修復室研究員) at 2013年04月25日 (木)

 

開花情報(ツバキ・サクラ)

みなさま、こんにちは!
トーハクにも春が到来し、様々な花が見頃を迎えています。
その中から、おすすめをピックアップしてご紹介いたします。

ツバキ
ボストン展を見たあとに、開放中の庭園へ行く途中で立ち寄っていただきたいのが、通称「ツバキロード」です。

ちょっとわかりにくいのですが、これがツバキロードです!
ちょっとわかりにくいのですが、これがツバキロードです!

最近、先輩から教えてもらった場所なのですが、自動販売機などで隠れて気づかない方も多いかも・・・。
でも、こんなに素敵なツバキが見られます。

もうすぐ満開!色が濃くて鮮やかなベニオトメ
もうすぐ満開!色が濃くて鮮やかなベニオトメ

八重咲きのフクリンイッキュウ
八重咲きのフクリンイッキュウ

混色が美しくてうっとり・・・コモミジ
混色が美しくてうっとり・・・コモミジ

小振りでかわいいキンギョツバキ
小振りでかわいいキンギョツバキ

私が好きなのはオオニジです。花の径は15~20センチの大輪!
春の嵐にも負けず、美しく咲き誇っていますので、是非ご覧になってくださいね。



自分の重みで花がみんな下を向いてしまうほどの大きさ。とても華やかです。


サクラ
続いて、サクラです。ご存知の方も多いと思いますが、トーハクの庭園では多様なサクラが楽しめます。
ソメイヨシノ、エドヒガンシダレ、ショウフクジザクラ、オオシマザクラ、ミカドヨシノなどが満開です。

満開まであと一歩!池のほとりで見られるショウフクジザクラ
池のほとりで見られるショウフクジザクラ

満開まであと一歩!池のほとりで見られるショウフクジザクラ
東洋館側入り口付近の「白い桜コーナー(仮)」では、オオシマザクラも見頃です。

庭園をはじめ、トーハクの構内にはツバキやサクラ、そのほかたくさんの花々が咲いています。
みなさま、トーハクへいらした際には、あちこち散歩してみてください。

ある朝の成果。びっくりするほど落ちています。
こちらも満開!エドヒガンシダレ

 

 

カテゴリ:お花情報

| 記事URL |

posted by 安藤 香織(列品管理課 登録室) at 2012年04月07日 (土)

 

今週末は、博物館でお花見を!

♪はーるがきーたー はーるがきーたー どこにきたー

ユリノキちゃん@庭園
お庭にきーたー♪
庭園、春草廬脇より本館をのぞむ。現在エドヒガンザクラは7分咲きです)

ユリノキちゃん@展示室
展示室にきーたー♪
国宝 花下遊楽図屏風 狩野長信筆 江戸時代・17世紀 本館2室にて4月15日(日)まで展示中)

ユリノキちゃん@庭園カフェ
カフェもーきたー♪
(庭園内のさくらカフェ MOTOYA EXPRESS ※庭園開放中止の場合はお休みです)

 

『ユリノキちゃん、その歌、ちょっとゴロが悪いほ…

あらトーハクくん!
じゃあ、トーハクくんならどんな歌をうたうの?

トーハクくんとさくら

『さくらー さくらー いまさきほこるー


森山直太朗さんの「さくら」ね!ステキ!今の季節にピッタリね!

『あのね、4月7日(土)のイベント「J-WAVE SPRING FESTIVAL@トーハク」で、直太朗さんがライブに来てくれるんだほ。
公開収録やお茶会などなど、楽しみなコンテンツがいっぱいだほー!

(詳細はJ-WAVEのホームページをご覧ください。)

それじゃ、今週末はお花見がてら東京国立博物館でキマリね!

博物館でお花見を」と、春の庭園開放は4月15日(日)までです。
みなさんも是非遊びにいらしてください。

カテゴリ:お花情報news催し物博物館でお花見を

| 記事URL |

posted by ユリノキちゃん at 2012年04月06日 (金)

 

博物館でお花見を 17日(日)まで!

国宝に咲くさくらと、庭園に咲くさくら。
トーハクは、ふたつのさくらを楽しめる、世界でひとつのお花見スポットです。
今年の「博物館でお花見を」はいよいよ今週末までとなりました。

国宝「花下遊楽図屏風」(かかゆうらくずびょうぶ)をはじめとする、さくらやお花見をテーマにした作品を公開中。
本館エントランス、平成館ラウンジ、庭園内の3か所にポストを設け、投句形式の句会「花見で一句」も開催しています。
さくらの作品をめぐるスタンプラリーでは、さくらのバッヂをプレゼントします。

さて、気になる桜の開花状況です。
庭園内のオオシマザクラはまだまだ見ごろ。
黒門脇のイチヨウザクラが満開です。

そしてこのあと法隆寺宝物館周辺の八重桜がどんどん咲いてくる頃です。
気温によっては一気に満開になりそうです。

春の花は桜だけではありません。


最近珍しくなったという、カントウタンポポが構内のあちこちで花を咲かせています。



さらに、本館北側の庭園の片隅では、ニリンソウの小さな群落がそろそろ見ごろを迎えます。

日本の美術にはこんな足元に咲く可憐な草花もたくさん描かれています。

おすすめは鍋島焼のタンポポのお皿。


本館8室暮らしの調度で展示中

 

乾山(けんざん)の絵の中にも、
ほら、こんなかわいい春の花があふれていますよ。


本館8室「書画の展開」で展示中

 

 

カテゴリ:お花情報

| 記事URL |

posted by 小林牧(広報室長) at 2011年04月15日 (金)

 

最初 前 1 次 最後

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出来事など、トーハクスタッフによる最新情報をお届けします。

 

 

カテゴリ一覧

 

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

 

他のブログを見る

更新情報