TOP
 >> 展示
 >> 中国書画精華―日本における愛好の歴史

中国書画精華―日本における愛好の歴史

中国書画精華―日本における愛好の歴史 / 東洋館 8室   2019年10月29日(火) ~ 2019年12月25日(水)

  
国宝 無隠元晦あて法語(部分) 馮子振筆 中国 元時代・14世紀 松平直亮氏寄贈

今年も、秋の中国書跡・絵画の名品展として「中国書画精華」を開催します。日本の美術は、古くから中国書画の影響を受けてきました。特に、宋・元時代の書画は、禅宗文化とともに鎌倉・室町時代の日本に数多く伝えられ、書院や茶室で、日本の美意識にもとづいて愛されてきました。なかには、江戸時代に至るまでの文化人・芸術家の鑑定書や模本をともなう作品も少なくありません。

明治時代以降は、日中双方で近代化が進み、これまでになく人々の往来が盛んになる中で、中国で代々秘蔵されてきた書画の名品が、次々と日本にもたらされました。近代日本の財界人・文化人は、これまで日本ではぐくまれてきた美意識に加えて、新たに中国本来のそれを知ることになったのです。彼らは中国から流出した作品を積極的に収集し、優れた書画コレクションを形成しました。中国の名品がどのように日本に伝えられ、影響を与えてきたのか、日本における中国書画愛好の歴史に注目しながら、その魅力をご紹介いたします。
 

担当研究員の一言

先人たちの熱い想いに支えられて今日に伝わる、名品の名品たるゆえんを、その来歴とともにご堪能ください。/富田淳

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
国宝 禅院額字「旃檀林」 張即之筆 中国 南宋時代・13世紀 京都・東福寺蔵
国宝 無隠元晦あて法語 馮子振筆 中国 元時代・14世紀 松平直亮氏寄贈
重要文化財 洞山渡水図軸 伝馬遠筆 中国 南宋時代・13世紀(2019年11月24日まで展示)
重要文化財 竹塘宿雁図軸 中国 北宋~南宋時代・12世紀(2019年11月24日まで展示)
重要文化財 枯木図軸 子庭祖柏筆 中国 元時代・14世紀 個人蔵(2019年11月26日から展示)
重要文化財 四睡図軸 平石如砥・華国子文・夢堂曇噩賛 中国 元時代・14世紀(2019年11月26日から展示)
重要文化財 寒山拾得図軸 伝顔輝筆 中国 元時代・14世紀(2019年11月26日から展示)
重要文化財 史記巻第二十九河渠書第七残巻 中国 唐時代・7~8世紀
行書王史二氏墓誌銘稿巻 黄庭堅筆 中国 北宋時代・11世紀
行書与林道人尺牘 趙孟頫筆 中国 元時代・13~14世紀 高島菊次郎氏寄贈

関連リンク

関連事業

平成館 大講堂  2019年12月14日(土)   13:30~15:00*開場は13:00を予定   当日受付