TOP
 >> 展示
 >> 住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」

住友財団修復助成30年記念 特別企画「文化財よ、永遠に」
/ 本館 特別4室・特別5室   2019年10月1日(火) ~ 2019年12月1日(日)

  
宝冠阿弥陀如来坐像 鎌倉時代・12~13世紀 愛知・財賀寺蔵

公益財団法人住友財団では、文化財の維持・修復の費用を助成しています。その事業が間もなく30年を迎えるのを記念して助成対象の文化財をご覧いただく展覧会を泉屋博古館(京都)、泉屋博古館分館(東京)、九州国立博物館、そして東京国立博物館の4会場で同時期に開催いたします。当館ではそのうち仏像などを展示します。
日本の各地には多くの仏像が残っており、山間地などにひっそりとまつられる仏像からはそれを大切にする地域の人たちの思いが伝わってきます。本展では、そのような仏像や、東日本大震災や能登半島地震で被災した仏像など大切に守り、伝えられてきた仏像をご覧いただきます。

 

展覧会のみどころ

 

宝冠阿弥陀如来坐像 鎌倉時代・13 世紀 愛知・財賀寺蔵 宝冠阿弥陀如来坐像 鎌倉時代・13 世紀 愛知・財賀寺蔵
宝冠阿弥陀如来坐像 鎌倉時代・12~13世紀 愛知・財賀寺蔵

阿弥陀如来の中でも、菩薩のように髪を結うものを宝冠阿弥陀と呼びます。天台宗の高僧円仁ゆかりの尊像で遺品は多くありませんが、本像は鎌倉時代につくられた貴重な作品です。修理では、緩んでいた部材をいったん解体して再度接合し、表面の金箔も剥落しないように処理しました。それによって、優美な姿を取り戻すことができました。

 

千手観音菩薩立像 平安時代・9 世紀 福井・高成寺蔵千手観音菩薩立像 平安時代・9 世紀 福井・高成寺蔵
千手観音菩薩立像 平安時代・9世紀 福井・高成寺蔵

頭と体を一本の木から彫り出す技法や、肉付けの豊かな表現から、平安時代の前期につくられたことがわかります。福井県の若狭地方では最古の千手観音像です。修理では緩んでいた部材を結合し、虫があけた孔などを樹脂で強化しました。また、表面の塗り直された彩色を取り除き、面目を一新しました。

 

阿弥陀如来坐像 平安時代・11世紀 福島・杉阿弥陀堂阿弥陀如来坐像 平安時代・11世紀 福島・杉阿弥陀堂
阿弥陀如来坐像 平安時代・11世紀 福島・杉阿弥陀堂蔵

丸みを帯びた頭部や厚みの薄い膝など、平安時代後期の特色がみられます。後世に施された表面の彩色や金属粉を取り除き、穏やかな表情を見ることができました。

 

釈迦如来坐像および阿難立像(左)・迦葉立像(右) 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵釈迦如来坐像 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵  阿難立像(左)・迦葉立像(右) 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵
釈迦如来坐像および阿難立像(左)・迦葉立像(右) 鎌倉時代・14世紀 福島・楞嚴寺蔵

釈迦如来が二人の弟子を従える形式は主に禅宗寺院で見られます。2011年の東日本大震災で釈迦如来の頭部が傾きましたが、助成によって修復されました。

 

虚空蔵菩薩坐像 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵虚空蔵菩薩坐像 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵
虚空蔵菩薩坐像 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵

宝冠をかぶり、右手に剣を持つ姿から虚空蔵菩薩とされています。事前にX線撮影によって内部の状況を確認してから、解体・修復をしました。

 

十一面観音菩薩立像 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵十一面観音菩薩立像 平安時代・11世紀 茨城・真壁町山口地区蔵
十一面観音菩薩立像 鎌倉時代・弘安6年(1283) 福島・泉竜寺蔵

全体的に奥行きがあり、立体的な衣のしわが特徴です。修復時の解体で確認された像内の墨書によって、弘安六年(1283)につくられたことが分かりました。

 

全国4会場で同時期開催

仏像・絵画・文書・歴史資料など多彩な修復作品を一挙公開。*各会場で異なる作品約 30 件を展示します。

泉屋博古館(京都・鹿ケ谷):2019年9月6日(金)~2019年10月14日(月・祝)

泉屋博古館分館(東京・六本木):2019年9月10日(火)~2019年10月27日(日)

九州国立博物館(福岡・大宰府):2019年9月10日(火)~2019年11月4日(月・休)

 

開催概要

会  期 2019年10月1日(火) ~12月1日(日)
会  場 東京国立博物館 本館特別4室・特別5室
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜、11月3日(日)、11月4日(月・休)は21:00まで開館)
休館日 月曜日、11月5日(火)
(ただし、10月14日(月・休)、11月4日(月・休)は開館)
観覧料金 一般620円(520円)、大学生410円(310円)
※総合文化展観覧料でご覧いただけます


( )内は20名以上の団体料金
障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は無料です。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳,健康保険証,運転免許証など)をご提示ください。
交  通 JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主  催 東京国立博物館、公益財団法人住友財団、
住友グループ各社、読売新聞社
後  援 文化庁、美術院、国宝修理装潢師連盟
お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

 

関連事業

平成館 大講堂  2019年10月19日(土)   13:00~17:30*開場は12:30を予定   受付終了