TOP
 >> 展示
 >> 東京国立博物館コレクションの保存と修理

東京国立博物館コレクションの保存と修理

東京国立博物館コレクションの保存と修理 / 平成館 企画展示室   2019年3月12日(火) ~ 2019年4月7日(日)

  
コート 濃紺ヴェルヴェット地花卉文様金銀糸刺繍 インド・ジャイプール マッダ・シーン2世着用 19世紀

東京国立博物館では、文化財の公開と保存を両立し、未来へと伝えるため、「臨床保存」の理念のもと、保存修復事業を行なっています。「臨床保存」の理念を支える3つの柱は、展示・収蔵などの環境の整備を行なう「予防」、文化財の状態および展示室や収蔵庫の環境に関する「診断」、折れの緩和や剥落(はくらく)止めなどの応急的な対症修理から、解体を伴う抜本的な安定化のための本格修理まで状況に応じた「修理」です。

本特集では、近年修理を終えた作品を展示し、それぞれの修理のポイントや工程、その過程で得られた情報をあわせて紹介します。当館の保存修復事業の成果の一端をご覧いただくこの企画は、今年度で19回目を迎えました。今回は、絵画、書跡、金工、考古、東洋染織の分野から本格修理を行なった作品10件を展示いたします。

文化財の保存と公開に関わる当館の取り組みや、文化財の修理に関心を持っていただき、文化財とその背後にある文化や歴史についての理解を深める一助となれば幸いです。

 

担当研究員の一言

文化財を活用しながら次代へ伝えていくためには、文化財の保存の取り組みと修理は不可欠です。博物館の裏側で行なわれる修理と保存の仕事とはどのようなものなのか? ぜひ展示をご覧いただき関心をもっていただけたら幸いです。/野中昭美

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
南蛮屏風 「友信」印 江戸時代・17世紀
杜甫詩 夢窓疎石筆 鎌倉時代・文保2年(1318) 個人寄贈
コート 濃紺ヴェルヴェット地花卉文様金銀糸刺繍 インド・ジャイプール マッダ・シーン2世着用 19世紀
 

リーフレット

東京国立博物館コレクションの保存と修理
東京国立博物館コレクションの保存と修理

会期中、平成館にて配布しています。
※なくなり次第、配布は終了します。

PDFPDF, 7.5MB)

 

関連事業

2019年3月15日(金)   14:00~16:30   受付終了
<ギャラリートーク>   X線CT装置の保存修理への活用
本館 地下 みどりのライオン (教育普及スペース)  2019年3月19日(火)   14:00~14:30   当日受付
<ギャラリートーク>   修理後作品の見どころ紹介
平成館 企画展示室  2019年3月26日(火)   14:00~14:30   当日受付