江戸の仏像から近代の彫刻へ

江戸の仏像から近代の彫刻へ

本館 14室  2018年7月10日(火) ~ 2018年9月30日(日)

  
蝦蟇仙人像 高橋宝山作 江戸時代・19世紀

江戸から明治にかけては、仏教美術を巡る環境も大きく変化しました。信仰の対象として造られていた仏像は、岡倉天心らによって紹介された近代的な美意識のもと美術鑑賞の対象ともなり、文化財としての意義も認められるようになりました。同時に、一時の仏教排斥運動によって仏像作家である仏師は彫刻家へと転身を余儀なくされ、これまで培われた高度な木彫技術を背景に、美術作品として彫刻制作を行なうようになります。
本特集では、館蔵品および寄託品の中から、江戸の仏像と明治以降の彫刻作品の比較展示を行なうことで、価値観の多様化にともなう仏像表現の新たな展開とその魅力についてご紹介します。 

展示作品リスト 15件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 釈迦如来坐像 1躯 康乗作 江戸時代・寛文4年(1664) 東京・寛永寺蔵
釈迦如来坐像 1躯 江戸時代・17世紀 股野琢氏寄贈 C-474
如来立像 1躯 円空作 群馬・光性寺旧蔵 江戸時代・17世紀 鴇田力氏寄贈 C-1827
木喰自身像 1躯 木喰作 江戸時代・享和4年(1804) 吉沢政一郎氏寄贈 C-1825
大黒天立像 1躯 江戸時代・19世紀 倉澤政雄氏寄贈 C-1101
釈迦如来坐像 1躯 旧寛永寺五重塔安置 江戸時代・寛永16年(1639) 東京都蔵
_MD_RECOMMEND 薬師如来坐像 1躯 旧寛永寺五重塔安置 江戸時代・寛永16年(1639) 東京都蔵
羅漢坐像 2躯 松雲元慶作 江戸時代・元禄8年(1695) 東京・五百羅漢寺蔵
_MD_RECOMMEND 蝦蟇仙人像 1個 高橋宝山作 江戸時代・19世紀 C-442
聖徳太子像 1躯 高村光雲作 大正元年(1912) 高村光雲氏寄贈 C-438
神鹿 1基 竹内久一作 大正元年(1912) 竹内久一氏寄贈 C-439
菅公像 1躯 山崎朝雲作 昭和11年(1936) 山崎朝雲氏寄贈 C-522
_MD_RECOMMEND 龍頭観音像 1躯 佐藤朝山作 昭和時代・20世紀 山田徳蔵氏寄贈 C-1840
_MD_RECOMMEND 一字金輪坐像(模造) 1躯 新納忠之介模作 原品=重要文化財・岩手・中尊寺所蔵 明治30年(1897)、原品=平安時代・12世紀 C-299
吉祥天立像(模造) 1躯 関野聖雲模作 原品=重要文化財・京都・浄瑠璃寺蔵 昭和時代・20世紀、原品=鎌倉時代・13世紀 C-488