TOP
 >> 展示
 >> 金工 作品リスト

金工

金工

本館 13室  2018年7月10日(火) ~ 2018年9月30日(日)

  
国宝 金銅能作生塔 鎌倉時代・13世紀 奈良・長福寺蔵

平安時代から江戸時代までの日本金工史を概観します。古代・中世・近世と時代の流れに従いながら仏具、鏡、茶の湯釜、錺金具、置物などの分類ごとに展示します。金や銀、銅、鉄といった金属素材の美しさと自由な表現を堪能していただきます。宝珠を納める能作生塔の最優品や、平安時代に出現した鏡の鏡面に神仏の姿を線刻する「鏡像」の名品を中心に、金工にみられる立体・平面両方の優れた装飾表現を紹介します。

展示作品リスト 16件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 国宝 金銅能作生塔 1基 鎌倉時代・13世紀 奈良・長福寺蔵
_MD_RECOMMEND 重文 銅梅竹透釣燈籠 1基 千葉市中央区千葉寺町千葉寺址出土 室町時代・天文19年(1550) 畑野勇治郎氏寄贈 E-14570
花車置物 1基 江戸時代・19世紀 E-12739
鳳凰舟形香炉 1個 明珍宗頼作 江戸時代・19世紀 E-12769
自在鷹置物 1個 明珍清春作 江戸時代・18~19世紀 E-20000
自在龍置物 1個 里見重義作 明治40年(1907) E-13097
_MD_RECOMMEND 重文 線刻十一面観音鏡像 1面 平安時代・平治元年(1159) E-20013
重美 線刻男神鏡像 1面 奈良県吉野郡金峯山出土 平安時代・12世紀 E-19980
重美 銅板鎚出蔵王権現像 1面 奈良県吉野郡金峯山出土 平安時代・12世紀 E-19981
重美 線刻蔵王権現鏡像 1面 奈良県吉野郡金峯山出土 平安時代・12世紀 E-19982
重美 線刻蔵王権現鏡像 1面 奈良県吉野郡金峯山出土 平安時代・12世紀 E-19983
重美 線刻蔵王権現鏡像 1面 奈良県吉野郡金峯山出土 平安時代・12世紀 E-19984
重美 線刻阿弥陀如来鏡像 1面 奈良県吉野郡金峯山出土 平安時代・12世紀 E-19985
線刻阿弥陀如来鏡像 1面 和歌山県東牟婁郡那智経塚出土 平安時代・12世紀 北又留四郎氏他2名寄贈 E-14862
線刻中台八葉院鏡像 1面 岡山県高梁市マゴロ山経塚出土 平安時代・11世紀 E-14474
重美 線刻千手観音鏡像 1面 平安時代・12世紀 E-20856