TOP
 >> 展示
 >> 法隆寺宝物館

法隆寺宝物館

明治11年(1878)に奈良・法隆寺から皇室に献納され、戦後国に移管された宝物300件あまりを収蔵・展示しています。これらの文化財は、正倉院宝物と双璧をなす古代美術のコレクションとして高い評価を受けていますが、正倉院宝物が8世紀の作品が中心であるのに対して、それよりも一時代古い7世紀の宝物が数多く含まれていることが大きな特色です。

フロアマップ
レストラン・カフェ


1階 灌頂幡、金銅仏・光背・押出仏、伎楽面

  
第1室  2019年4月2日(火) ~ 2020年4月5日(日)

法隆寺献納宝物を代表する名品である灌頂幡と金銅小幡、及び制作当初の姿を示した模造の灌頂幡も併せて展示します。

  
第2室  2019年4月2日(火) ~ 2020年4月5日(日)

法隆寺献納宝物のうち、6~8世紀までの金銅仏を展示します。併せて同時期の光背、押出仏も展示します。

  
第3室  2019年4月2日(火) ~ 2020年4月5日(日)

法隆寺献納宝物のうち、飛鳥時代から奈良時代の伎楽面を中心にした展示です。
作品保護のため、金曜日および土曜日に限って公開します。

2階 木・漆工、金工、絵画・書跡・染織

  
第4室  2020年2月18日(火) ~ 2020年4月12日(日)

法隆寺献納宝物のうち、正倉院宝物以外にほとんど類例のない木画経箱や、保延4年(1138)銘をもつ舎利塔など、仏具を展示します。

  
第5室  2019年4月2日(火) ~ 2020年4月5日(日)

法隆寺献納宝物を代表する作品として著名な竜首水瓶や、鵲尾形柄香炉、海磯鏡など金工作品を展示します。

  
第6室  2020年2月26日(水) ~ 2020年3月15日(日)

第6室は絵画・書跡・染織を展示します。今回は書跡と染織の展示です。
書跡は、法隆寺の歴史や仏像、什物の由緒など鎌倉時代の僧・顕真が記録した古今目録抄などを展示します。染織は幡と幡足の展示です。古代の寺院では幡と呼ばれる旗が掲げられ、儀式の場を彩っていました。法隆寺に残された幡や幡足の残欠を通じ、さまざまな幡の形態や用いられた織物の多様さを概観します。