TOP
 >> 催し物
 >> 【中止】国際シンポジウム「日本文化としての『きもの』を考える」

過去のシンポジウム

【中止】国際シンポジウム「日本文化としての『きもの』を考える」

新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のため中止とさせていただきます。

※延期後の開催日等につきましては別途、当初当選された皆さまにメールおよびはがきでご案内いたします。
※延期後の再募集ならびに当日受付(キャンセル待ち)はございません。予めご了承ください。

特別展「きもの KIMONO」を記念してシンポジウムを開催いたします。

*一部座席にヒアリングループ(磁気ループ)を設置しています。
*同時通訳付(英⇔日)

プログラム

 

◇開会挨拶(13:00~13:10)

◇基調講演(13:10~13:50)

  切畑健(京都国立博物館名誉会員)

◇口頭発表(14:00~16:00)

  河上繁樹(関西学院大学教授) 20分

  小山弓弦葉(当館工芸室長) 20分

   ――― 休憩(20 分) ―――

  シャロン・サダコ・タケダ(ロサンゼルス・カウンティ美術館染織部長) 20分

  モニカ・ビンチク(メトロポリタン美術館日本部学芸員) 20分

  アンナ・ジャクソン(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館アジア部長) 20分

◇パネルディスカッション(16:10~17:00)

◇閉会挨拶 (17:00)

 

日程
2020年4月19日(日)
時間
13:00~17:00*開場は12:30を予定
会場
平成館-大講堂
総合司会・ モデレーター
マリサ・リンネ(京都国立博物館連携協力室専門職)
パネリスト
切畑健(京都国立博物館名誉会員)
河上繁樹(関西学院大学教授)
小山弓弦葉(当館工芸室長)
シャロン・サダコ・タケダ(ロサンゼルス・カウンティ美術館染織部長)
モニカ・ビンチク(メトロポリタン美術館日本部学芸員)
アンナ・ジャクソン(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館アジア部長)
聴講料
無料(ただし本展覧会の観覧券が必要。使用済の半券でも可。その場合は別途、当日の入館料が必要)
定員
380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
申込方法
当館ウェブサイトの申込みフォームでお申込みください。
*1回の申込みで最大2名の申込可。
*申込みはお1人(または1組)につき1回までです。
申込締切
3月3日(火)必着
お問合せ
TEL:03-3822-1111(代)教育講座室


関連展示

  1. 特別展「きもの KIMONO」
  2. 平成館-特別展示室
    2020年6月30日(火) ~ 2020年8月23日(日)


ページトップへ