TOP
 >> 催し物
 >> 連続講座「鳥獣戯画研究の最前線」

講演会・講座

連続講座「鳥獣戯画研究の最前線」

鳥獣戯画といえば、誰もが知る、日本美術の中でも抜群の知名度を誇る作品です。ただ、その成立や主題、制作目的などは謎に包まれています。本講座は、特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」の開催に合わせ、本絵巻の伝わった高山寺の歴史を踏まえ、多角的な観点からこの謎多き絵巻の徹底解明に挑みます。
*2日間(全6講)ご参加できる方が対象です。
*諸事情によりイベントが中止になった場合は、当館ウェブサイト等でお知らせします。

*一部座席にヒアリングループ(磁気ループ)を設置しています。

日程
2020年8月14日(金) ~ 2020年8月15日(土)  
時間
13:00~17:00(開場は各日12:30を予定)
会場
平成館-大講堂
プログラム
◆8月14日(金) 
  ごあいさつ 田村裕行(高山寺執事長)
13:00~14:00 第1講「鳥獣戯画の伝わった寺―高山寺と明恵上人をめぐる美術―」
  ①明恵上人と高山寺の文化財
   講師:大槻信(京都大学大学院文学研究科教授)
  ②明恵上人坐像の作者は誰か?―高山寺の彫刻と慶派仏師をめぐって―
   講師:皿井舞(東京国立博物館平常展調整室長)
    ――― 休憩(10分)―――
14:10~15:40 第2講「鳥獣戯画研究のこれまでとこれから」
  ③鳥獣戯画八〇〇年の生命誌―伝来と研究史をたどる―
   講師:土屋貴裕(東京国立博物館特別展室主任研究員)
  ④欧米がみた鳥獣戯画―近代における海外出品をめぐって―
   講師:鬼頭智美(東京国立博物館上席研究員)
  ⑤鳥獣戯画「平成の修理」の成果と展望
   講師:朝賀浩(宮内庁三の丸尚蔵館)
    ――― 休憩(20分)―――
16:00~17:00 第3講「誰が描いたのか?―絵師をめぐる議論―」
  ⑥宮廷絵師説の可能性―「伴大納言絵巻」との近さを視野に入れて―
   講師:五月女晴恵(北九州市立大学文学部准教授)
  ⑦絵仏師説の可能性―鳥羽僧正覚猷説と当時の寺院の社会性の観点から―
   講師:大原嘉豊(京都国立博物館保存修理指導室長)

◆8月15日(土)
13:00~14:30 第4講「何が、どのように描かれているのか?―図様と表現の特質―」
  ⑧平安絵巻としての鳥獣戯画―ストーリー展開の妙味―
   講師:井並林太郎(京都国立博物館企画室研究員)
  ⑨白描画としての鳥獣戯画―線描の妙技―
   講師:古川攝一(大和文華館学芸員)
  ⑩正倉院宝物と鳥獣戯画
   講師:増記隆介(神戸大学大学院人文学研究科准教授)
    ――― 休憩(10分)―――
14:40~15:40 第5講「何のために描かれたのか?―主題と制作背景を探る―」
  ⑪鳥獣戯画は戯画なのか?
   講師:沖松健次郎(東京国立博物館絵画・彫刻室長)
  ⑫鳥獣戯画の主題解釈は可能か?
   講師:三戸信恵(山種美術館特別研究員)
    ――― 休憩(20分)―――
16:00~17:00 第6講 パネルディスカッション「徹底討論!鳥獣戯画研究を究める」
定員
380名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)
※キャンセル待ち等、当日受付はございません
聴講料
無料(ただし本展覧会の観覧券が必要。半券でも可。その場合は、初日の入館料が必要。2日目は初日にお渡しする受講券でご入館いただけます。なお、受講券で特別展の観覧はできません。)
申込方法
ページ右下からリンクしている申込フォームか往復はがきでお申し込みください。
往復はがきの場合は、「往信用裏面」に①参加者全員(最大2名まで)の氏名・ふりがな、②代表者の郵便番号・住所・電話番号を、「返信用表面」に代表者の郵便番号・住所・氏名を明記のうえ、下記申込先にお送りください。
なお、申込は各回お1人(または1組)につき1通までです。
往復はがきでの申込先
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
東京国立博物館 教育講座室「連続講座」係
申込締切
5月19日(火)必着
お問合せ
03-3822-1111(代) 教育講座室



関連展示

  1. 特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」
  2. 平成館-特別展示室
    2020年7月14日(火) ~ 2020年8月30日(日)