このページの本文へ移動

駿牛図(すんぎゅうず) 

 『駿牛図(すんぎゅうず)』の画像 
1幅
紙本淡彩
縦27.0 横32.4
鎌倉時代
13世紀
重文
A30
拡大して表示
展示予定は未定です
 
牛は牛車を牽く貴重な動力として平安・鎌倉時代には大いに尊重された。駿牛図巻は古今の名牛,駿牛を描き集めた図巻で,現在は一図ずつ切断されて諸所に分蔵されている。鎌倉時代の写実主義の傾向は,新しい肖像画「似絵」を発達させるが,これには人物ばかりでなく牛馬の図も含まれた。駿牛図はこうした似絵の作例である。