TOP
 >> 仏涅槃図(ぶつねはんず) 

仏涅槃図(ぶつねはんず) 

 『仏涅槃図(ぶつねはんず)』の画像 
1幅
絹本着色
縦155.1 横202.8
平安時代
12世紀
重文
A10599
展示予定は未定です
 
沙羅双樹のそばの宝台上で,両手を体側につけて右脇を下にして体をまっすぐ伸ばした釈迦の入滅(死)の情景を描く。中央に大きく描かれた釈迦の線描は柔らかで流麗であるのに対し,周囲で悲嘆する会衆は肥痩のある線で描かれ,動物の数も増え,鎌倉時代の図像に近づいている。涅槃図は,旧暦2月15日の涅槃会の本尊として数多く描かれた。
ページトップへ