TOP
 >> 1089ブログ

1089ブログ

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」の会場デザイン(2)

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」の展示デザインは東京国立博物館のデザイン室で行っています。
展示は2部構成で、第1部は4章立てでデュシャンの初期の絵画作品から遺作までを紹介する教科書のような構成です。
第2部は日本美術の展示です。

ここでは展示会場のいくつかの特徴についてご紹介したいと思います。

-ゲートと開かれた平面プラン-
第1~第4章の第1部会場にはアーチ状のゲートがいくつか設けてあります。
このゲートをくぐりぬけるとデュシャンの作風が変化し、デュシャンの一生や思考を辿るように会場内を歩けます。
各章の展示空間は、広かったり狭かったり、閉じたり開いたり、向こう側が見えたり見えなかったりと、それぞれに特徴を持ちながら空間が分節されています。
また、狭くて作品の密集している所や広くて作品点数の少ない場所など意図的に操作してあります。

 

 

第2部の始まりは「黒楽茶碗 銘 むかし咄」です。
アールのついた黒色の壁に囲まれた中心に真黒な展示台が置かれ作品が展示されています。



順路を気にせず見ることもできるので、何度も会場内を行ったり来たり、ぐるぐる回ってご鑑賞下さい。


-グラフィック-
各章のグラフィックでは、展示される作品の特徴を取り込んだり、作品の背景、開口部を利用して別の作品の展示風景を切り取ったりと、グラフィックと作品との一体化やグラフィックの展示空間化を試みています。
特に、会場に散りばめられたグラフィックの中のデュシャンの眼差しに注目してみて下さい。

  


-解説-
難解に思われがちなデュシャン作品を始めて見る方に少しでも理解の補助になるよう、今回の展覧会では、ほとんどの作品に個別解説があります。


-「遺作」の映像展示-
「遺作」の映像は、所蔵するフィラデルフィア美術館からの要望で4Kプロジェクター(※1)を採用しています。
本当にフィラデルフィア美術館で「遺作」を見たかのように感じられる高精細な映像展示は必見です。
※1 キヤノン株式会社協賛


-展示照明-
照明は一部を除いて、色彩の再現性の高いLEDとOLEDを使っています。作品保護の観点より低照度でありながらも、展示作品は自然で色鮮やかに照らされています (40~150lux) 。
第1章の一部にはスマートライティング(照度調整、上下左右可動、配光角の可変)というアプリで操作可能なもの(※2)を用いています。
約7mの高さにあるダクトに照明器具を設置した後でも、作品を見ながら細かな光の調整を同時に行えました。
とても便利な機能で助かります。
※2 ミネベアミツミ株式会社協賛

また、第2部冒頭の漆黒の展示台の上に置かれた黒楽茶碗や掛軸の、見え方や色彩などにもご注目いただければと思います。


第1部第2部合わせて160点を超える作品の一つ一つをなるべくストレスなく鑑賞でき、記憶に残る展示となるようにデザインしました。
第1部のデュシャン作品はフィラデルフィア美術館でもなかなか公開されていない作品も数多く展示されています。
この貴重な機会に是非何度でもトーハクへ足を運んで頂き、“デュシャン”に触れて“芸術とは何か”と考える秋はいかがでしょうか。

 

カテゴリ:「マルセル・デュシャンと日本美術」

| 記事URL |

posted by デザイン室 at 2018年11月16日 (金)

 

特集「キリシタンの遺品」:踏絵のイメージソースを探して

こんにちは、絵画・彫刻室の鷲頭です。
今、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録記念 特集「キリシタンの遺品」(本館特別2室、2018年12月2日まで)を開催しています。
普段は日本の絵画を取り扱う業務を担当していますが、南蛮美術に惹かれる身として、この展示をとても楽しみに待っていました。
そこで、今回は、キリシタン遺物のなかでもとくに広く知られている、2種類の銅牌についてご紹介します。

<その1 銅牌(エッケ・ホモ)>
 
 
重要文化財 銅牌(エッケ・ホモ) ヨーロッパ 長崎奉行所旧蔵品  16~17世紀
 
この作品は、片手に納まるくらいのサイズの金属製のレリーフです。
茨の冠を被り、右手に芦の杖を持つイエス・キリストが表わされています(マタイの福音書27章29節)。
イエスの罪を見いだせない総督ピラトが、群衆の前にイエスを引き出して「エッケ・ホモ(見よ、この人を)」と言う場面(ヨハネの福音書19章5節)に基づいており、イエスの受難を示す、キリスト教美術のテーマのひとつとして知られています。

この銅牌は、16世紀から17世紀のヨーロッパで作られたもので、禁教前の日本に輸入されました。当初は、キリスト教のミサや礼拝などで用いられたと考えられます。
日本では、この銅牌のモチーフをお手本にして、模造品が作られたり・・・


重要文化財 銅牌(エッケ・ホモ) 長崎奉行所旧蔵品  16~17世紀

さらには長崎奉行所が、本来の使用目的とは真逆の「踏絵」に使用したりしました。
 

重要文化財 板踏絵 キリスト像(エッケ・ホモ) 長崎奉行所旧蔵品 江戸時代・17世紀

また、このようなタイプのレリーフは、ヨーロッパで大量に生産されたようです。
例えば、ニューヨークのメトロポリタン美術館にも、そっくりな作品が収蔵されています。
大きさまでほぼ同じ。
 

銅牌(エッケ・ホモ) 2012.545.3  Metropolitan Museum of Art, Gift of Joseph G. Reinis, 2012
※展示していません


実は、よく似たプラケット(メダル)が国外のオークションで時々、取引きされており、やはり相当数が製造されていたのでしょう。

ところで、このイエスの図像には、おそらく元になった絵があっただろうと考えています。
しかし、油彩画や版画を探してみても、イエスが肩にローブをかけた姿などはよくあるのですが、これとピッタリな作品は、未だ見つけられていません。
捜索の旅は、まだまだ続きます。


<その2 板踏絵(ピエタ)>


重要文化財 板踏絵 キリスト像(ピエタ) 長崎奉行所旧蔵品 江戸時代・17世紀

次にご覧いただくのは、十字架から降ろされたイエスの遺骸を聖母が抱きしめる場面、いわゆる「ピエタ」を表わした銅牌です。
踏絵として利用された歴史がありますが、板の中央に填め込まれたピエタの銅牌は、本来はミサなどに用いる道具だったと思われます。
このピエタについては、「元ネタ」らしき銅版画を見つけました。


Hans Collaert II もしくはHans Collaert III, Pieta, VII,55,34, Kunstsammlungen der Veste Coburg/Germany.
※展示していません


ちょうど反転させたかのような図像です。
この版画は、16世紀後半から17世紀前半にかけて、ヨーロッパにおける銅版画の製作地の一大拠点だったアントウェルペン(ベルギー)で活躍したコラールト工房のピエタです。

この銅版画は無背景ですが、もしかすると銅牌のように都市風景が描かれたバージョンもあったのでしょうか?
答えは出ていませんが、当時西洋で流布していた図像が、ほぼ同時期に日本にも届いていたことに感動を覚えます。



展示室では、このほかにもキリシタン関係資料や当時のヨーロッパで刊行された日本に関する書籍を展示しています。
期間中、ぜひ会場に足をお運びください。

 

 

 

カテゴリ:研究員のイチオシ特集・特別公開

| 記事URL |

posted by 鷲頭桂(絵画・彫刻室主任研究員) at 2018年11月09日 (金)

 

六観音菩薩像のお背中、ついに公開

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」、10月30日(火)より、後期展示が始まりました。六観音菩薩像の光背をとりはずして別途展示し、光背そのものも、またご尊像の後ろ姿もご覧いただけるようになりました。

展示手法の記録はあまり残されないため、はっきりしたことは言えないのですが、トーハク史上、いやもしかしたら日本の展覧会史上、初めての珍しい試みと言ってよいかもしれません。

 
後期の展覧会会場の様子。光背を、像の後方に設置した台のうえに展示しています。


六観音菩薩像は、江戸時代の寛文10年(1670)に、北野社(現在の北野天満宮)大鳥居の南側にあった北野経王堂から、大報恩寺に移されました。北野経王堂は、室町時代に、幕府の3代将軍足利義満が建てたお堂なので、それ以前に造られていた六観音菩薩像が、もともとどこにあったものなのかは、まったくわかっていません。また経王堂が建てられた後、どの段階で、六観音菩薩像が北野経王堂に安置されたのかも、残念ながらわかりません。

この六観音菩薩像の移動に関する謎をめぐっては、絵画担当の土屋貴裕による渾身のコラム、図録所載の「北野経王堂の変遷―大報恩寺六観音像の移座をめぐって」を、ぜひご参照ください。


重要文化財 六観音菩薩像(左より、聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝観音、如意輪観音)、肥後定慶作、貞応3年(1224) 大報恩寺


さて六観音とは、聖観音・千手観音・馬頭観音・十一面観音・准胝観音(天台宗では不空羂索観音とされますが、宗派による区別はさほど厳密ではなかったようです)・如意輪観音という六つの観音菩薩の総称です。六観音信仰は、平安時代半ばごろより盛んになり、記録から数多くの像が造られたことがわかります。

ですが、現存する作例はありません。そうしたなか、この大報恩寺の六観音菩薩像は、六軀が完存する中世以前の作として、唯一の例です。台座、光背も、造像当初のものが残る奇跡的な作と言っても過言ではありません。

准胝観音の像内に墨書があり、肥後定慶(以下、定慶とします)が貞応3年(1224)に造ったことがわかります。定慶41歳の時の作で、定慶作と認められている像のうち、もっとも古いのものです。

定慶は、運慶の作風をよく学んでおり、准胝観音のたまご型の顔立ち、18本の手の絶妙な配置などの立体に対する感覚や、着衣などの基本的な形式に、運慶の強い影響を認めることができます。

 
准胝観音菩薩立像


 
定慶の衣文 
つまみあげるような衣文が定慶の衣文表現の特徴



准胝観音以外の5軀の造像は、定慶とは異なる別の慶派仏師が担当したようで、それぞれに少しずつ違いがあります。衣文ひとつとってみても、それぞれにずいぶん異なります。6軀そろってのトーハクご出張で、しかも今なら光背なしの後ろ姿までご覧いただけますから、違いをじっくりと見比べることのできる絶好のチャンスです。

造像全体の責任者であった定慶が、寄せ集めた仏師たちに、「こんな感じで」と基本的な指示した後、担当仏師が定慶をまねようと奮闘した様子などを、ついあれこれ想像をめぐらしてしまいます。

 
千手観音の頭上面(背面側)


 
十一面観音の頭上面(背面側)
普段は光背に隠れて見ることのできない、背面側の頭上面もご覧いただくことができます。なぜか、千手観音菩薩の暴悪大笑面(頭上真後ろの1面)は口を開けて笑っていない。


お寺にお戻りになったら見られない、今だけのお姿、ぜひお見逃しなく。

カテゴリ:研究員のイチオシ仏像「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

| 記事URL |

posted by 皿井舞(絵画・彫刻室主任研究員) at 2018年11月07日 (水)

 

日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画「中国近代絵画の巨匠 斉白石」開幕!

10月30日(火)、日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画「中国近代絵画の巨匠 斉白石」が開幕しました。
会場は東洋館8室です。




皆様は画家である斉白石[せいはくせき]をご存知でしょうか。
日本人には馴染みが薄いかもしれませんが、
中国ではかなり知名度の高い、中国近代絵画を代表する巨匠です。

この展覧会では、中国にある北京画院が所蔵する斉白石の優品をご紹介します。

この展覧会は斉白石の絵画を花木、鳥獣、山水などの主題で6章に分けて展示し、
第7章で書と印を紹介しています。
また、画稿や日記、文具などの遺品も展示しています。

斉白石は様々な作品を手がけました。

魅力1
華やかな色づかい!


報道内覧会の様子。
左手の作品は斉白石が北京の西に住んでいるときに描いた「桃花源図」(展示期間:~11月25日(日))



斉白石は日々の生活の中で目にし、その中でふと心にとまった植物の美しさを表現に取り入れました。
華やかな彩色やみずみずしい墨面、闊達な筆線といった魅力に溢れている花木の表現にご注目ください。

魅力2
精密な描写


工虫画冊(第一図:白花と鳳蛾) 斉白石筆 中国 1949年 北京画院蔵 (展示期間:~11月25日(日))
絵具のにじみを生かして墨色豊かに仕上げた植物と、繊細に描きこんだ昆虫を組み合わせた画冊です



斉白石には簡素な描写の作品が多いと思われがちですが、触覚や脚、羽の文様など、
細かな特徴を正確に把握した精密な描写で描く作品もあります。昆虫の精密描写は、超絶技巧の極みです。
斉白石が虫の姿をよく観察していたことがうかがえます。

魅力3
語りかけるまなざし


雛鶏出籠図 斉白石筆 中国 20世紀 北京画院蔵 (展示期間:~11月25日(日))
愛くるしいヒヨコのまなざしにご注目ください



斉白石が描く鳥たちの特徴は、なんといってもこちらに語りかけてくるような鳥のまなざしです。
このような鳥たちのまなざしは、斉白石が敬愛する先人の画家が描く作品にも見られます。
先人への共感を鳥たちに込めたのかもしれません。

魅力4
独創的なデフォルメ


(右)執扇仕女図 斉白石筆 中国 20世紀 北京画院蔵 (展示期間:~11月25日(日))
(左)老当益壮図 斉白石筆 中国 20世紀 北京画院蔵 (展示期間:~11月25日(日))



斉白石は若いころ、写実的な肖像画や細密な美人画などを手がけていましたが、
後に単純な造形を好むようになりました。
愛らしく変形された身体でありながら、量感を的確にとらえている技巧には、
新鮮味を失わず、常に創造を求めている斉白石の心意気がうかがえます。

以上、斉白石の魅力を簡単にご紹介しましたが、ご紹介しきれていない魅力はまだまだあります。
この展覧会の作品はいずれも日本初公開、更には、総合文化展観覧料金でご覧いただけます。
会期は12月25日(火)まで、ぜひお見逃しなく。


※会期中展示替を行います。
前期:2018年10月30日(火)~11月25日(日)
後期:2018年11月27日(火)~12月25日(火)

カテゴリ:「中国近代絵画の巨匠 斉白石」中国の絵画・書跡

| 記事URL |

posted by 柳澤想(広報室) at 2018年11月02日 (金)

 

特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」の会場デザイン(1)

こんにちは、デザイン室の荻堂です。
現在開催中の特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」(2018年10月2日(火)~12月9日(日))で、会場のデザインを担当しました。

展示をデザインする際には、作品の材質や状態、研究員の意図、借用先の意向など様々な「条件」があります。
今回のように海外の美術館から、作品をお借りして展示する際には、特に厳しい条件が付いてくることがあります。
今回は、そういったデザインの「条件」に着目して、特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」の会場をご紹介します。



会場に入ると、少しひんやりとしています。
温湿度も条件の一つで、普段の特別展にくらべ今回は、低い設定になっています。
展示室の温湿度の違いで、見る人の作品の印象も変わる気がします。

それでは早速会場を見ていきましょう。
まずは壁をご覧ください。





一見するとなんの変哲も無い仮設の造作壁ですが、注目すべきはその厚さです。
デュシャン展では、造作壁の厚みが普段の展示のおよそ4倍、20mmもあるとても重い壁の展示になっています。
これもフィラデルフィア美術館からの条件で、安全性の考え方の違いが表れていて興味深いです。

続いてケース内の展示台をみてみましょう。





気密性の高いケース内では、作品を傷める有害物質は天敵です。
それを防ぐためこれらの展示台には、有害なガスが出にくい合板を使用しています。
さらに、この合板を金属の特殊なシートで包み、その上にコットンのクロスを貼ります。
クロスを貼る際にも、接着剤は使わずタッカー(建築用ステープラー)で留め、接着剤から出る文化財に有害なガスを防いでいます。

そのほかにも作品に当てる光量や、会場のグラフィックの使い方など、様々な「条件」を前提に展示会場を作っていきます。

このような「条件」は、作品保存を考慮して付けられています。
しかし、展示する場所を変えたり、ガラスケースに入れたりすることによって、意味合いが大きく変わってしまう作品も少なくありません。
「保存」と「展示」、矛盾する両者を抱えながら日々展示を作っています。




皆さんも展示室へお越しの際には、「条件」を頭に入れて見ると、展示の裏側が見えるかもしれません。
作品と合わせ、会場デザインにもぜひ注目して特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」をお楽しみください。

カテゴリ:「マルセル・デュシャンと日本美術」

| 記事URL |

posted by 荻堂正博(デザイン室) at 2018年11月01日 (木)

 

 

はじめに

展示のイチオシやバックヤードの出来事など、トーハクスタッフによる最新情報をお届けします。

 

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

 

他のブログを見る

更新情報