TOP
 >> 展示
 >> 特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」

特別展「顔真卿 王羲之を超えた名筆」 / 平成館 特別展示室   2019年1月16日(水) ~ 2019年2月24日(日)

  
祭姪文稿(部分) 顔真卿筆 唐時代・乾元元年(758) 台北 國立故宮博物院蔵

中国の歴史上、東晋時代(317–420)と唐時代(618–907)は書法が最高潮に到達しました。書聖・王羲之(おうぎし、303–361)が活躍した東晋時代に続いて、唐時代には虞世南、欧陽詢、褚遂良(ぐせいなん、おうようじゅん、ちょすいりょう)ら初唐の三大家が楷書の典型を完成させました。そして顔真卿(がんしんけい、709–785)は三大家の伝統を継承しながら、顔法と称される特異な筆法を創出します。王羲之や初唐の三大家とは異なる美意識のもとにつちかわれた顔真卿の書は、後世にきわめて大きな影響を与えました。
本展は、書の普遍的な美しさを法則化した唐時代に焦点をあて、顔真卿の人物や書の本質に迫ります。また、後世や日本に与えた影響にも目を向け、唐時代の書の果たした役割を検証します。

開催概要

会  期

2019年1月16日(水) ~2月24日(日)

会  場 東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで開館)
休館日 月曜日(ただし、2月11日(月・祝)は開館、翌12日(火)は休館)
観覧料金 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
( )内は前売り/20名以上の団体料金
障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

前売券は、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドで、2018年10月17日(水)~2019年1月15日(火)まで販売。
早割2枚セット券
一般2400円
展覧会公式サイト、主要プレイガイドで2018年9月19日(水)~10月16日(火)まで販売。

「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1600円を1500円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。
東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を1000円(200円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にて、キャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示下さい。
本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)もご覧になれます。
交  通 JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主  催 東京国立博物館、毎日新聞社、日本経済新聞社、NHK
特別協賛 大和ハウス工業
協  賛 信越化学工業、損保ジャパン日本興亜、トヨタ自動車、NISSHA、三菱商事
協  力 内田洋行、台東区立書道博物館、毎日書道会
お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会公式サイト https://ganshinkei.jp/  

 

関連事業

平成館 大講堂  2019年1月27日(日)   14:00~15:00*開場は13:30   申込受付中
平成館 大講堂  2019年2月9日(土)   13:30~15:00*開場は13:00   申込受付中