TOP
 >> 展示
 >> ひらがなの美―高野切―

ひらがなの美―高野切―

ひらがなの美―高野切― / 本館 特別1室   2018年5月8日(火) ~ 2018年7月1日(日)

  
重要文化財 古今和歌集 巻十九断簡(高野切)(部分) 伝紀貫之筆 平安時代・11世紀 森田竹華氏寄贈

「高野切(こうやぎれ)」は、『古今和歌集(こきんわかしゅう)』を書写した現存最古の写本です。20巻の巻子本だったものが分割され、巻九の巻頭の断簡を豊臣秀吉(とよとみひでよし)が高野山に与えたため、「高野切」と呼ばれるようになりました。筆者は、紀貫之(きのつらゆき)と伝称されてきましたが、実際は、3人の筆者が分担して揮毫する寄合書(よりあいが)きの作品です。3人の筆者を、第一種、第二種、第三種と呼び分けて研究が進められてきました。そして、第二種筆者が源兼行(みなもとのかねゆき、1023~74)であることが解明され、「高野切」は平安時代・11世紀中ごろに制作されたことが現在は定説となっています。

「高野切」は、平安時代の仮名の逸品で、日本の書の歴史の基盤を支える名筆です。その仮名の美しさは最高峰に位置づけられ、各時代の人々が愛好してきました。また、現代の私たちが使うひらがなの形は、「高野切」がもとになっていると考えられます。

今回はまず、「高野切」の第一種、第二種、第三種、3人の仮名をじっくりご覧いただきます。次に、「高野切」の3人の筆者による別の作品と、「高野切」に類似する書風の作品、そして、「高野切」と同じ時期の平安時代・11世紀の仮名の名品をご紹介します。美しい形が完成した11世紀の仮名の数々を、ご堪能ください。

担当研究員の一言

美しいひらがなを見に来てください。/恵美千鶴子

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
国宝 和歌体十種断簡 平安時代・11世紀
国宝 寛平御時后宮歌合 伝宗尊親王筆 平安時代・11世紀
国宝 元暦校本万葉集 巻一(古河本) 平安時代・11世紀
国宝 元暦校本万葉集 巻二(古河本) 平安時代・11世紀
重要文化財 古今和歌集 巻十九断簡(高野切) 伝紀貫之筆     平安時代・11世紀 森田竹華氏寄贈
重要文化財 手鑑「月台」 奈良~鎌倉時代・8~14世紀
 

図録

東京国立博物館セレクション「高野切と仮名の美」
東京国立博物館セレクション 
「高野切と仮名の美」

恵美千鶴子著

発行:東京国立博物館
定価:1200円(税別)
オールカラー 64ページ(235㎜×190㎜)

※ 2018年5月8日(火)より、ミュージアムショップにて販売します。

関連リンク

関連事業

<ギャラリートーク>   高野切と仮名の美
本館 特別1室  2018年5月8日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付
平成館 大講堂  2018年6月9日(土)   13:30~15:00※開場は13:00を予定   当日受付