TOP
 >> 展示
 >> 中国書画精華―日本人のまなざし―

中国書画精華―日本人のまなざし―

中国書画精華―日本人のまなざし― / 東洋館 8室   2017年10月17日(火) ~ 2017年12月10日(日)

  
行書虹県詩巻(部分) 米芾筆 中国 北宋時代・崇寧5年(1106)

今年も、秋の中国美術の名品展として「中国書画精華」を開催します。わが国には古くから中国の書画が舶載され、日本美術にも大きな影響を与えてきました。特に、宋・元時代の書画は、鎌倉時代以降、禅宗とともに数多く伝えられ、書院や茶室において、日本の美意識にもとづく鑑賞法のもとに愛され、現在まで大切にされています。

また、狩野派を始めとする江戸時代の画家たちは、鎌倉・室町時代以来の価値観を継承しつつ、新たに伝わった明・清時代の絵画の図様や画法も積極的に学んでいきました。現在日本にある中国絵画には彼らの鑑定書や摸写を伴う作品も少なくありません。

そして明治時代以降、日中双方で近代化が進み、往来が盛んになる中で、中国で代々伝えらえてきた書画の名品が次々と日本にもたらされました。従来の日本の価値観に加えて、新たに中国本来のそれを知った近代日本の財界人・文化人は、中国から流出した作品を積極的に収集して、優れた書画コレクションを形成しました。中国の書画がどのように日本に伝えられ、影響を与えてきたのか、日本における受容と発展に注目しながら、その魅力をご紹介いたします。

 

担当研究員の一言

平安時代に舶載された唐時代の書から、近代に舶載された宋・元時代の本格的な書画まで、名品の数々をお楽しみください。/富田淳

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
国宝 古文尚書巻第六 中国 唐時代・7世紀
国宝 碣石調幽蘭第五 中国 唐時代・7~8世紀
国宝 禅院額字「旃檀林」 張即之筆 中国 南宋時代・13世紀 京都・東福寺蔵
重要文化財 二祖調心図軸 伝石恪筆 中国 南宋時代・13世紀(2017年11月12日まで展示)
重要文化財 雪汀遊禽図軸 羅稚川筆 中国 元時代・14世紀(2017年11月12日まで展示)
重要文化財 五龍図巻 伝陳容筆 中国 南宋時代・13世紀(2017年11月12日まで展示)
重要文化財 竹塘宿雁図軸 中国 北宋時代・12世紀(2017年11月12日まで展示)
重要文化財 禅院額字「釈迦宝殿」 無準師範筆 中国 京都・東福寺伝来 南宋時代・13世紀 梅原龍三郎氏寄贈
重要美術品
 秋林隠居図軸 王紱筆 中国 明時代・建文3年(1401)
琴棋書画図軸 伝任仁発筆 中国 元時代・14世紀
山水図冊 李世倬筆 中国 清時代・18世紀
行書虹県詩巻 米芾筆 中国 北宋時代・崇寧5年(1106)
楷書玄妙観重脩三門記巻 趙孟頫筆 中国 元時代・14世紀
 

関連事業

<ギャラリートーク>   中国書画精華―日本人のまなざし―
東洋館 8室  2017年11月28日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付
2017年11月24日(金)   19:00 ~ 20:30   チケット完売