TOP
 >> 展示
 >> 平成29年 新指定 国宝・重要文化財

平成29年 新指定 国宝・重要文化財

平成29年 新指定 国宝・重要文化財 / 本館 8室・11室   2017年4月18日(火) ~ 2017年5月7日(日)

  
国宝 銅造釈迦如来倚像 飛鳥時代・7世紀 東京・深大寺蔵

重要文化財とは、日本にある絵画、彫刻、工芸品、書跡・典籍、古文書、考古資料、歴史資料、建造物などの有形文化財のうち、文化史的・学術的に特に重要なものを、かけがえのない国民の財産として後世に伝えるため、国(文部科学大臣)が指定するものを指します。また、重要文化財の中でも特に優れたもの、学術的に価値の高いものは国宝に指定されます。

本展では、平成29(2017)年に新たに指定される国宝7件、重要文化財37件と、追加指定された重要文化財2件の、46件を展示します(写真パネル展示6件含む)。

※46件のうち彫刻の7件については、本館11室彫刻にて展示します。

 主な出品作品
 
 主な出品作品
国宝 銅造釈迦如来倚像 飛鳥時代・7世紀 東京・深大寺蔵
国宝 宋版一切経 中国 南宋時代・12世紀 京都・醍醐寺蔵
国宝 平城宮跡出土木簡 奈良時代・8世紀 奈良文化財研究所蔵
国宝 奈良県東大寺山古墳出土品 古墳時代前期・4世紀 東京国立博物館蔵
重要文化財 紙本墨画鳥獣人物戯画甲巻断簡 平安時代・12世紀 東京国立博物館蔵
重要文化財 木造千手観音菩薩坐像 平安時代・12世紀 宮城・お薬師様文化財保存会蔵
重要文化財 割高台茶碗 朝鮮時代・16世紀 東京・畠山記念館蔵
重要文化財 密要鈔 平安~江戸時代・12世紀~19世紀 京都・仁和寺蔵
重要文化財 中院一品記 中院通冬筆 南北朝時代・14世紀 東京大学蔵
重要文化財 群馬県下宿遺跡出土品 縄文時代草創期 群馬・太田市蔵
重要文化財 大日本史編纂記録 江戸~明治時代・17世紀~20世紀 京都大学蔵

 

 文化庁について
 文化庁について
文化庁のホームページ  http://www.bunka.go.jp/
プレスリリースはこちら