TOP
 >> 展示
 >> 日本の考古・特別展(平成館)
 >> 東京国立博物館コレクションの保存と修理

東京国立博物館コレクションの保存と修理

東京国立博物館コレクションの保存と修理
平成館 企画展示室   2017年3月22日(水) ~ 2017年4月16日(日)

  
重要文化財 放犢図 (部分) 平山処林賛 中国 元時代・14世紀

当館では、文化財の公開と保存を両立し、未来へと伝えるため、以下の3つを柱とする臨床保存の理念のもと、保存修復事業を行なっています。それは、収蔵庫・展示室などの環境を整備する「予防」、文化財の状態および展示室や収蔵庫の環境に関する「診断」、折れの緩和や剥落(はくらく)止めなどの応急的な対症修理から、解体を伴う本格修理まで、状況に応じた「修理」の3つからなります。
本特集では、近年「修理」を終えた作品を展示し、当館の保存修復事業の成果の一端をご覧いただきます。それぞれの修理のポイントや工程、その過程で得られた情報をあわせて紹介する企画で、今年度で17回目を迎えました。今回は絵画、工芸、考古、歴史資料の分野から本格修理を行なった作品14件、絵画、彫刻、染織から対症修理を行なった作品4件、計18件を展示いたします。
文化財の保存と公開に携わる当館の取り組みや文化財の修理に関心をお持ちいただき、それらを介して文化財とその背後にある文化や歴史についての理解を深める一助となれば幸いです。


展示作品の修理に関わった個人・工房などは次のとおりです。

国宝修理装潢師連盟、(株)小西美術工藝社、高山一之、東京修復保存センター TRCC、陶磁器修復たま工房、(株)東都文化財保存研究所、(株)半田九清堂、繭山隆司、(有)武蔵野文化財修復研究所 (敬称略、五十音順)
東京国立博物館保存修復課保存修復室アソシエイトフェロー 平河智恵、下田純平、野中昭美

 

 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
 主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
重要文化財 放犢図 平山処林賛 中国・元時代・14世紀
色絵牡丹文小皿 沖縄本島 壺屋焼 第二尚氏時代・19世紀
五彩獅子文有蓋壺  中国・景徳鎮窯 清時代・17~18世紀   横河民輔氏寄贈
朱筋溜塗打刀 江戸~明治時代・19世紀
男神坐像 平安時代・12世紀

 

パンフレット

東京国立博物館コレクションの保存と修理
東京国立博物館コレクションの保存と修理

会期中、本館インフォメーションにて配布しています。
※ なくなり次第、配布は終了します。

PDFPDF, 1.9MB)
 

関連事業

平成館 企画展示室  2017年3月24日(金)   18:30 ~ 19:00   当日受付
<ギャラリートーク>   保存と修理 絵画修理の現場から
平成館 企画展示室  2017年3月28日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付
平成館 企画展示室  2017年4月11日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付
<ギャラリートーク>   ここに注目!保存と修理入門
平成館 企画展示室  2017年4月14日(金)   18:30 ~ 19:00   当日受付

関連リンク