TOP
 >> 展示
 >> 臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」 / 平成館 特別展示室   2016年10月18日(火) ~ 2016年11月27日(日)

  
達磨像 白隠慧鶴筆 江戸時代・18世紀 大分・萬壽寺蔵

水墨画や茶の湯は、禅とともに中国から伝わり、やがて日本文化の核にまで成長しました。この展覧会は、臨済宗・黄檗宗の本山・末寺から名宝を一堂に集め、 禅の歴史、禅の美術、禅の文化を通覧しようとするものです。高僧の肖像と墨蹟、仏像・仏画、工芸、障壁画など、禅の至宝を通じて、日本文化に果たしたその 役割をご覧いただきます。

※会期中、一部作品、および場面の展示替を行います。
主な展示替
   前期展示=10月18日(火)~11月6日(日)
   後期展示=11月8日(火)~11月27日(日)

展覧会のみどころ

開催概要

2016年11月18日(金)、入場者が10万人に達しました。

1089ブログ 「禅―心 をかたちに―」 展覧会の見どころなどを紹介しています。

投票「教えを乞いたいお坊さんは?」 投票結果 (投票期間:2016年11月1日(火)~11月27日(日))

東京国立博物館資料館 特別展「禅―心をかたちに―」 関連図書コーナー設置

展覧会のみどころ

 

 

 第一章 禅宗の成立

達磨(だるま)がインドから渡来し、中国で禅宗が成立するまでを歴代の祖師像等でたどります。  
 

 

慧可断臂図
国宝 慧可断臂図(えかだんぴず)
室町時代・明応5年(1496)
雪舟等楊筆
愛知・齊年寺蔵
[後期展示:2016年11月8日(火)~11月27日(日)]


坐禅をする達磨に向かい、神光(のちの慧可)という僧が弟子となるべく己の左腕を切り落とす場面を描いたものです。画面全体を覆い尽くす重々しい岩壁と、そこに刻まれたレリーフのように微動だにしない両者の姿。異様なまでの静寂が息苦しいほどの緊張感を生み出しており、どこか近寄りがたい雰囲気すら覚えます。雪舟77歳の大作です。

 

 

臨済義玄像
重要文化財 臨済義玄像(りんざいぎげんぞう)
一休宗純賛 伝曾我蛇足筆
室町時代・15世紀
京都・真珠庵蔵
[前期展示:2016年10月18日(火)~11月6日(日)]

臨済宗の宗祖、臨済義玄(りんざいぎげん、?~867)は、棒や喝を用いる峻烈な家風をもって知られ、「臨済将軍」とも評されました。この臨済像は、通常の禅僧肖像画の穏やかな表情と異なり、怒るように眉間に皴を寄せ、眼を剝いています。また今にも口を開いて一喝し、拳でこちらの胸を突きそうです。このような顔や手の表現により、臨済禅の激しい家風が示されています。
 

 

展覧会のみどころトップへ

 

 第二章 臨済禅の導入と展開

臨済・黄檗十五派の開祖や本山を、肖像・墨蹟をはじめとする至宝で紹介します。
 

無準師範像
国宝 無準師範像(ぶじゅんしぱんぞう)(部分)
自賛
中国 南宋時代・嘉煕2年(1238)
京都・東福寺蔵
[後期展示:2016年11月8日(火)~11月27日(日)]

東福寺の開山である聖一国師円爾(しょういちこくしえんに、1202~80)が中国留学の際に師と仰いだ無準師範(1178~1249)の肖像です。無準は中国五山の第一にあたる径山万寿寺(きんざんまんじゅじ)の住持をつとめた、南宋期を代表する高僧のひとりです。禅宗では師匠の肖像を「頂相(ちんそう)」といい、弟子が師の法を継ぐ証とされています。厳格な教えを彷彿させる無準の写実的な容貌は、弟子の円爾の求めにより描かれたものです。頭上にある「大宋国と日本国、天に垠(はて)なく、地に極(きわまり)なし」で始まる無準の自賛とあわせて、海を隔てた師弟の絆の強さを今に伝えています。
 
蘭渓道隆坐像

重要文化財
 蘭渓道隆坐像(らんけいどうりゅうざぞう)
鎌倉時代・13世紀
神奈川・建長寺蔵

 鎌倉五山第一位建長寺の開山蘭渓道隆(1213~1278)の肖像彫刻です。蘭渓道隆は西蜀(せいしょく、現在の中国四川省)の出身で、寛元4年(1246)に来日し、建長5年(1253)鎌倉幕府の執権北条時頼が創建した建長寺の開山に迎えられました。

 

展覧会のみどころトップへ

 

 第三章 戦国武将と近世の高僧

武将とそのブレーンとして活躍した禅僧たち、禅画の名手=白隠・僊厓をとりあげます。
 

 

達磨像
達磨像(だるまぞう)
白隠慧鶴筆
江戸時代・18世紀
大分・萬壽寺蔵

縦2メートル近い画面いっぱいに描かれた巨大な顔、ことさら大きなぎょろ目。圧倒的な迫力です。白抜き文字は、達磨の宗旨「直指人心 見性成仏(まっすぐに自分の心を見つめよ。仏になろうとするのではなく、本来自分に備わっている仏性に目覚めよ)」。庶民に禅を広めることに努めた白隠は、比類なく力強い造形の書画を数多く遺しました。なかでも著名な最晩年の名作です。
 
織田信長像
織田信長像(おだのぶながぞう)
狩野永徳筆
安土桃山時代・天正12年(1584)
京都・大徳寺蔵
[前期展示:2016年10月18日(火)~11月6日(日)]

足利義昭から許された桐紋と織田家の木瓜紋を配した肩衣袴姿に脇差をさし、扇子を握って上畳に座る信長の肖像です。細面に切れ長の目、眉間の皺が意志の強さと神経質な性格を感じさせます。信長の葬儀が行われた大徳寺塔頭総見院に伝来し、信長と豊臣秀吉の寵愛を受けた狩野永徳が、信長の三回忌法要のために描いたと考えられています。本図の下に別の信長像が描かれていたことが確認されており、何らかの理由で描き直された姿で完成となっています。
 
花見図
花見図(はなみず)
僊厓義梵筆
江戸時代・19世紀
東京・永青文庫蔵
[後期展示:2016年11月8日(火)~11月27日(日)]
 

 

 

展覧会のみどころトップへ

 第四章 禅の仏たち

禅宗特有の像容や作風を示す仏像や仏画などをご覧いただきます。
 

宝冠釈迦如来像
重要文化財 宝冠釈迦如来坐像(ほうかんしゃかにょらいざぞう)
院吉・院広・院遵作
南北朝時代・観応3年(1352)
静岡・方広寺蔵

宝冠をいただく釈迦如来像は、本来は華厳教主の毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)ですが、南北朝時代には宝冠の釈迦と呼ばれるようになりました。像底の銘文により観応3年(1352)、院吉・院広・院遵の作とわかります。院吉は足利家の菩提寺である等持院(とうじいん)の本尊や天龍寺の本尊も造ったことが記録に残されています。中国・南宋時代の江南地方の作風を下敷きにした院派仏師(名前に「院」の字が付く仏師の系統)の独特の作風が禅宗寺院に広く採用されました。
 
 

 

羅怙羅尊者
十八羅漢像のうち 羅怙羅尊者(じゅうはちらかんのうち らごらそんじゃ)(部分)
范道生作
江戸時代・寛文4年(1664)
京都・萬福寺蔵


羅漢(阿羅漢)とはサンスクリットのアルハットを音で写したもので、釈尊(しゃくそん)の弟子のなかでも、その教えをよく理解した優れた修行者のことです。そのひとりの羅怙羅尊者は、釈尊の実子でした。顔が醜かったとも伝えられる羅怙羅ですが、心には仏が宿っていることを自分の胸を開いてみせています。本像は、中国人仏師・范道生の作です。黄檗宗を日本に伝えた隠元が求めたのは、このような中国風の像でした。

 
 

展覧会のみどころトップへ

 第五章 禅文化の広がり

茶の湯、水墨画、障壁画。禅院に発する美の源流、禅院の育んだ美の広がりをご堪能ください。
 

大仙院障壁画のうち 四季花鳥図

重要文化財 大仙院障壁画のうち 四季花鳥図(だいせんいんしょうへきがのうち しきかちょうず)(部分)
狩野元信筆
室町時代・永正10年(1513)
京都・大仙院蔵
[後期展示:2016年11月8日(火)~11月27日(日)]

大徳寺の塔頭、大仙院の方丈(檀那の間)を飾っていた元襖絵。動感溢れる巨松と滝が長大な画面をしっかりと支えており、花や鳥に施された濃彩も鮮烈なまでの色彩効果をあげています。豪壮華麗な桃山障壁画の登場さえ予感させる、室町水墨画を代表する名品といえるでしょう。筆者の元信は狩野派を繁栄に導いた立役者で、幼い孫の永徳に絵を教えたことでも有名です。

 

南禅寺本坊小方丈障壁画のうち 群虎図
重要文化財 南禅寺本坊小方丈障壁画のうち 群虎図(なんぜんじほんぼうこほうじょうしょうへきがのうち ぐんこず)(部分)
狩野探幽筆
江戸時代・17世紀
京都・南禅寺蔵
[場面替えあり。この場面は前期展示:2016年10月18日(火)~11月6日(日)]

南禅寺の著名な「水呑みの虎」。竹林と渓流を舞台に群れる虎豹たちの一部です。襖八面ひと続きの画面で、金箔地に鮮やかな色彩が輝くさまは壮観です。江戸幕府最初の御用絵師として時代の幕を開けた狩野探幽、その代表作の一つです。
 

 

呂洞賓図
重要文化財 呂洞賓図(りょどうひんず)(部分)
雪村周継筆
室町時代・16世紀
奈良・大和文華館蔵
[後期展示:2016年11月8日(火)~11月27日(日)]
油滴天目

国宝 油滴天目(ゆてきてんもく)
建窯
中国 南宋時代・12~13世紀
大阪市立東洋陶磁美術館蔵

 
青磁輪花茶碗 銘「鎹」
青磁輪花茶碗 銘「鎹」(せいじりんかちゃわん めい かすがい)
龍泉窯
中国 南宋時代・13世紀
愛知・マスプロ美術館蔵

中国・南宋時代に龍泉窯で焼かれた優品。粉青色の美しい中国の青磁を評価する旧来の価値観は、侘茶が大成した織田有楽の時代へ引き継がれたものと考えられます。口縁から入ったヒビを鎹で留めています。
 

 

椿尾長鳥堆朱盆
重要文化財 椿尾長鳥堆朱盆(つばきおながどりついしゅぼん)
中国 元時代・14世紀
京都・興臨院蔵
[前期展示:2016年10月18日(火)~11月6日(日)]

禅寺を介して中国大陸から伝えられた文物の中に、彫漆(ちょうしつ)という技法で飾られた漆器があります。漆を何十層と塗り重ね、鋭い刃物で文様を彫り込むものです。最上層が赤いものを堆朱(ついしゅ)と呼びます。室町時代の座敷飾りの指南書に、名工として元時代の張成と楊茂(ようも)が記され人気となりました。彫りが深く図様もおおらかで力強いこの盆は、元時代の優品と位置づけられています。
 

 

瓢鮎図
国宝 瓢鮎図(ひょうねんず)(部分)
大岳周崇等三十一僧賛 大巧如拙筆
室町時代・15世紀
京都・退蔵院蔵
[後期展示:2016年11月8日(火)~11月27日(日)]


禅に傾倒した室町幕府第四代将軍、足利義持が「丸くすべすべした瓢簞(ひょうたん)で、ぬるぬるした鮎(なまず)をおさえ捕ることができるか」というテーマを出して、絵を如拙に描かせ、詩を五山の禅僧たちに詠ませ、衝立に仕立て座右に置いていたのがこの作品の当初の姿です。現在は掛幅に改装されています。如拙は応永年間(1394~1428)に京都の相国寺(しょうこくじ)を拠点に活躍した禅僧画家です。この作品は室町時代初期の水墨画の名作ですが、禅宗界の絵画様式と主題が、将軍家や武家社会といった禅宗界の外縁に広がる様相を物語ります。

 

展覧会のみどころトップへ

関連事業

<講演会・講座>   連続講座「仏像三昧」
平成館 大講堂  2016年10月21日(金) ~ 2016年10月23日(日)   13:00~16:15 *開場は12:30を予定しています   受付終了
<講演会・講座>   記念講演会「禅の美術」
平成館 大講堂  2016年10月29日(土) 受付終了
平成館 大講堂  2016年11月5日(土)   13:30~15:00(13:00開場予定) ※ 13:30~13:45 椅子座禅体験を予定   当日受付
平成館 大講堂  2016年11月3日(木)   13:30~15:00 *開場は13:00を予定   チケット完売
<講演会・講座>   「禅寺の四ツ頭茶礼」
平成館 大講堂  2016年11月12日(土)   13:30~15:00 *開場は13:00を予定   受付終了
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年10月19日(水)   11:00~(平成館ラウンジ)、14:00~(大講堂) ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年11月9日(水)   11:00~、14:00~ ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 大講堂  2016年11月24日(木)   11:00~、14:00~ ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年10月28日(金)   11:00~(平成館ラウンジ)、14:00~、18:30~(大講堂) ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年11月5日(土)   11:00~、18:30~ ※各回約20分   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年10月19日(水)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年10月28日(金)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月5日(土)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月9日(水)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月24日(木)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月3日(木)   11:00~、18:30~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ギャラリートーク>   普賢菩薩像の新図様
本館 地下 みどりのライオン (教育普及スペース)  2016年10月25日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付
<イベント>   坐禅会
庭園 応挙館・九条館  2016年11月6日(日)   (1)11:00~12:00 、(2)13:00~14:00 、(3)14:30~15:30
※応挙館・九条館同時開催   当日受付

開催概要

会  期 2016年10月18日(火) ~11月27日(日)
会  場 東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日および10月22日(土)、11月3日(木・祝)、5日(土)は20:00まで開館)
休館日 月曜日
観覧料金 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料
( )内は前売り/20名以上の団体料金
障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

前売券は、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、セブンチケット(セブンコード:047-636)、ローソンチケット(Lコード:39888)、ぴあ(Pコード:767-736)、e+、JTBなど主要プレイガイドにて、2016年8月29日(月)~10月17日(月)まで販売。前売券の販売は終了しました。
早割ペア券 販売終了しました
2,200円(2枚1組) ※2名で1回あるいは1名で2回利用可。
2016年7月11日(月)~8月28日(日)、
展覧会公式サイト、セブンチケット(セブンコード:047-636)、ローソンチケット(Lコード:39888)、ぴあ(Pコード:767-736)、e+などにて販売。

特別展「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」(2016年9月13日(火) ~ 2016年12月11日(日)、本館5室)は別途観覧料が必要です。
3展相互割引
出光美術館「大仙厓展」(2016年10月1日(土)~11月13日(日))、永青文庫「仙厓ワールド」展(2016年10月15日(土)〜2017年1月29日(日))とのの3展相互割引を行います。各展会期中、他展の半券を各館の券売窓口にお持ちください。当日料金から100円割引いたします(1名様につき1回まで。他割引との併用不可)。
「東京・ミュージアムぐるっとパス」で、当日券一般1600円を1500円(100円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にてお申し出ください。
東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を1000円(200円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にて、キャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示下さい。
交  通 JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
  東京国立博物館、臨済宗黄檗宗連合各派合議所、日本経済新聞社、BSジャパン
協  賛 損保ジャパン日本興亜、東レ、トヨタ自動車、日本写真印刷、日本ロレックス
協  力 大光電機、三菱レイヨン
カタログ・音声ガイド 展覧会カタログ(税込3000円)は、平成館会場内、およびミュージアムショップにて販売しています。音声ガイド(日本語のみ)は520円(税込)でご利用いただけます。
お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会公式サイト http://zen.exhn.jp

 

特別出品

このたびアメリカのエツコ&ジョー・プライス夫妻のご厚意により、後期展示が始まる2016年11月8日(火)から、禅に帰依した伊藤若冲の壮年期の優品「旭日雄鶏図」と最晩年の名品「鷲図」の2件を、特別出品することとなりました。詳しくは展覧会公式サイトをご覧下さい。

 

関連事業

<講演会・講座>   連続講座「仏像三昧」
平成館 大講堂  2016年10月21日(金) ~ 2016年10月23日(日)   13:00~16:15 *開場は12:30を予定しています   受付終了
<講演会・講座>   記念講演会「禅の美術」
平成館 大講堂  2016年10月29日(土) 受付終了
平成館 大講堂  2016年11月5日(土)   13:30~15:00(13:00開場予定) ※ 13:30~13:45 椅子座禅体験を予定   当日受付
平成館 大講堂  2016年11月3日(木)   13:30~15:00 *開場は13:00を予定   チケット完売
<講演会・講座>   「禅寺の四ツ頭茶礼」
平成館 大講堂  2016年11月12日(土)   13:30~15:00 *開場は13:00を予定   受付終了
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年10月19日(水)   11:00~(平成館ラウンジ)、14:00~(大講堂) ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年11月9日(水)   11:00~、14:00~ ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 大講堂  2016年11月24日(木)   11:00~、14:00~ ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年10月28日(金)   11:00~(平成館ラウンジ)、14:00~、18:30~(大講堂) ※各回約20分   当日受付
<イベント>   禅トーク
平成館 ラウンジ  2016年11月5日(土)   11:00~、18:30~ ※各回約20分   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年10月19日(水)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年10月28日(金)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月5日(土)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月9日(水)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月24日(木)   12:00~、15:00~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ワークショップ>   写禅語
平成館 ガイダンスルーム  2016年11月3日(木)   11:00~、18:30~ ※開始時間より60分間、いつでも参加できます   当日受付
<ギャラリートーク>   普賢菩薩像の新図様
本館 地下 みどりのライオン (教育普及スペース)  2016年10月25日(火)   14:00 ~ 14:30   当日受付
<イベント>   坐禅会
庭園 応挙館・九条館  2016年11月6日(日)   (1)11:00~12:00 、(2)13:00~14:00 、(3)14:30~15:30
※応挙館・九条館同時開催   当日受付