TOP
 >> 展示
 >> 日本美術(本館)
 >> 「支倉常長像と南蛮美術―400年前の日欧交流―」

「支倉常長像と南蛮美術―400年前の日欧交流―」

「支倉常長像と南蛮美術―400年前の日欧交流―」
本館 7室   2014年2月11日(火) ~ 2014年3月23日(日)

  
支倉常長像 アルキータ・リッチ作 17世紀 イタリア・個人蔵

今からおよそ400年前の慶長18年(1613)、仙台藩主伊達政宗の命を受け、「慶長遣欧使節」としてヨーロッパに渡航した支倉常長。彼がローマ教皇パウロ5世に謁見するため、ローマに入市した際の姿を描いたとされる「支倉常長像」を特別公開いたします。

日本とヨーロッパとの交流は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて、南蛮貿易などを通じて深まりました。
そのなかで、ヨーロッパの地に直接渡った数少ない日本人が支倉常長(1571~1622)です。支倉は慶長18年(1613)、仙台藩主伊達政宗の命により、のちに慶長遣欧使節と呼ばれる使節団の代表としてヨーロッパに渡りました。
このたび特別公開される「支倉常長像」は、支倉が渡欧中、ローマ教皇パウロ5世に謁見するためイタリア・ローマを訪れた際の姿を描いたものとされます。ローマでの支倉の世話役でもあったボルゲーゼ枢機卿が描かせたもので、現在も、400年前の日欧交流を示す「生き証人」として、同地で大切に保管されています。

一方、日本においても、16世紀半ば以降多くのヨーロッパ人が来航し、南蛮美術が華開きました。本展覧会で展示される「南蛮人渡来図屏風」や、「世界図屏風」にはヨーロッパ人への興味関心やその文物、そして「新しい世界」への憧れが表わされています。
400年前の日本とヨーロッパ、それぞれが見た「異国」の姿を留めた美術作品を通じ、日本とヨーロッパの文化交流の歴史に思いを馳せていただければ幸いです。

展覧会のみどころへ

1089ブログ「2013年度の特別展」 展覧会の見どころなどを紹介しています。

 

開催概要

会  期 2014年2月11日(火・祝) ~ 2014年3月23日(日)
会  場 東京国立博物館 本館7室(上野公園)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
観覧料金 一般600円(500円)、大学生400円(300円)   総合文化展観覧料でご覧いただけます。
( )内は20名以上の団体料金
障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料です。入館の際、年齢のわかるもの(生徒手帳、健康保険証、運転免許証など)をご提示ください。
交  通 JR上野駅公園口・鶯谷駅より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主  催 東京国立博物館
特別協力 文化庁、イタリア大使館
協 力 仙台市博物館
お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

展覧会のみどころ

 

400年前の日欧交流 ―新しい「 世界」 との出会い―

ヨーロッパ人によって進められた「 大航海時代」 。「 地理上の発見」 が相次ぐなか、かつてない急速な「 世界の一体化」が進んだのがこの時代です。その中でも、最後にヨーロッパ人に見出された地域の一つが東方の島国・日本でした。 以後ヨーロッパからは、キリスト教宣教師をはじめとする多くのヨーロッパ人が日本を訪れました。
いっぽう日本では、南蛮貿易などを通じて、新しい「世界」であるヨーロッパとの交流が深まるなか、江戸幕府が鎖国政策を推進することで、以後幕末にいたる まで世界との交流は限られた地域とのみ行なわれることとなりました。 2つの大洋を渡った支倉の偉業も、公的な歴史からは忘れ去られることになります。 明治維新後の1873年、岩倉使節団がベネチアを訪れた際、約250年前にヨーロッパに渡った日本人がいたことを初めて聞かされ、驚愕したといいます。
ヨーロッパ人が初めて日本に到来してから支倉が渡欧した70年ほどの限られた間、日本では新たな世界との出会いに戸惑いつつも、その文物や知識を貪欲に吸収しました。その間には、ヨーロッパ人画家によって、堂々たる武士の姿をとらえた「 支倉常長像」 がイタリアの地で描かれるいっぽう、日本人画家によって、世界を見つめる「 南蛮人渡来図屏風」や「 世界図屏風」 が描かれたのです。
およそ400年前に交わされた日本とヨーロッパの交流。 その軌跡は、今なお残る美術作品を通じ、現在に生きる私たちに強いメッセージを発しています。
 
 支倉の行程図
2つの大洋を渡った支倉常長の行程図

  

展示作品

支倉常長像   支倉常長像
アルキータ・リッチ作 17世紀 個人蔵

刀を差し、薄や鹿をあしらった日本の装束をまとう武士・支倉常長をほぼ等身大で描いた肖像画。襟元や袖口からヨーロッパ風のシャツも見える、「和洋折衷」の姿で描かれています。背後の窓から、支倉が太平洋を渡った船が聖霊たちに祝福されている様子も見えます。黒い犬のつぶらな瞳にも注目です。

 

 

 南蛮人渡来図
重要文化財 南蛮人渡来図屏風
安土桃山時代・16世紀 個人蔵

「黒船」と呼ばれたヨーロッパ船が日本に来港し、「南蛮人」と呼ばれたヨーロッパの人びとが日本の地を進む様が表わされています。400年前の日本が新たに出会った「憧れの異国」の人々の姿や、彼らのもたらす珍しい文物を、日本の絵師が描いたものです。

 

 

 世界図屏風
重要文化財 世界及日本図屏風のうち 世界図屏風
安土桃山~江戸時代・16-17世紀 個人蔵

ヨーロッパとの交流が深まると、新しい「世界の姿」が絵図や地球儀など様々な形で、日本にもたらされました。それらを画題に描いたのがこの作品で、日本の地図を描いた「日本図屏風」と対を成すものとして作られました。屏風に引かれた朱線は支倉常長の進んだ航路とも重なります。

 

展覧会のみどころトップへ

 

リーフレット

支倉常長リーフレット

支倉常長像と南蛮美術―400年前の日欧交流―

会期中、本館7室、本館インフォメーションにて配布しています。
※なくなり次第、配布は終了します。
PDFPDF, 14MB)