TOP
 >> 展示
 >> 帯金具の輝き 作品リスト

帯金具の輝き

帯金具の輝き

平成館 考古展示室  2017年6月27日(火) ~ 2017年12月3日(日)

  
小鈴付獅噛文帯金具(部分) 岡山県瀬戸内市 牛文茶臼山古墳出土 古墳時代・5~6世紀 小野田小四郎氏・高原宇多治氏寄贈

布あるいは革製の帯に着けられた金具が、帯金具です。この帯金具は、本来ユーラシアの騎馬民族が用いていた服飾の一種であり、中国大陸や朝鮮半島を経由して、日本列島にも伝わりました。今回は、獅噛文の金具をもつ牛文茶臼山古墳出土品や、模造品と見比べながら櫨山古墳出土品などを展示します。

展示作品リスト 4件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
銀製帯金具 1式 石川県加賀市 狐山古墳出土 古墳時代・5~6世紀 J-21458
_MD_RECOMMEND 小鈴付獅噛文帯金具 1式 岡山県瀬戸内市 牛文茶臼山古墳出土 古墳時代・5~6世紀 小野田小四郎氏・高原宇多治氏寄贈 J-8270
_MD_RECOMMEND 金銅製帯金具 1式 福岡県飯塚市 櫨山古墳出土 古墳時代・5~6世紀 安部榮造氏寄贈 J-9554
模造 金銅製帯金具 1式 遠藤諄二模造 原品=福岡県飯塚市 櫨山古墳出土 昭和時代・20世紀、原品=古墳時代・5世紀 J-20715