TOP
 >> 展示
 >> 書跡―国宝 法隆寺献物帳と古記録―、染織―平絹と綾の幡足― 作品リスト

書跡―国宝 法隆寺献物帳と古記録―、染織―平絹と綾の幡足―

書跡―国宝 法隆寺献物帳と古記録―、染織―平絹と綾の幡足―

法隆寺宝物館 第6室  2018年2月14日(水) ~ 2018年3月11日(日)

  
国宝 法隆寺献物帳(部分) 奈良時代・天平勝宝8歳(756)

第6室は絵画・書跡・染織を展示します。今回は書跡と染織の展示です。
書跡は「古文書と古記録」のテーマで、国宝の「法隆寺献物帳」をはじめ、聖徳太子の伝記である「古今目録抄」、中世の法隆寺とその門前のできごとを記録した「嘉元記」などを展示します。
染織は「平絹と綾の幡足」と題し、飛鳥から奈良時代に製作された幡足を展示します。幡足には平絹のほか、さまざまな文様を織り出した綾が用いられています。法隆寺伝来の綾には技法的に古墳時代にまで遡る古様なものから、唐の影響を受け具象的な植物文様などを織り出したものなどがあります。これらを通じて綾織り技術の発展についても概観します。

展示作品リスト 28件

染織

平絹と綾の幡足

指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 赤地平絹残欠 1枚 飛鳥~奈良時代・飛鳥~奈良 N-319-174
黄土地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-50-1
黄地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-55-2
青地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-57-1
黄地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-65-1
淡紅地亀甲繋文綾幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-73-1
黄地山形文綾幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-75-3
黄地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-79-2
_MD_RECOMMEND 黄地菱入長亀甲繁文綾残欠 1枚 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-120
_MD_RECOMMEND 緑地花枝唐草文綾残欠 1枚 奈良時代・8世紀 N-319-122
幡残欠 平絹幡足 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-146
淡縹地平絹幡足残欠 1条(2片) 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-52-1
黄地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-65-2
黄地入子菱繋文綾幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-74-1
_MD_RECOMMEND 黄緑地山形文綾幡足残欠 1条(5片) 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-88-1
紺地平絹幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-100-1
黄地山形文綾幡足残欠 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-164
幡残欠 平絹幡足 1条 飛鳥~奈良時代・7~8世紀 N-319-134

書跡

国宝 法隆寺献物帳と古記録

指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 国宝 法隆寺献物帳 1巻 奈良時代・天平勝宝8歳(756) N-5
_MD_RECOMMEND 重文 古今目録抄(聖徳太子伝私記) 下巻 1帖 顕真筆 鎌倉時代・13世紀 N-18-2
古今目録抄写 1巻 南北朝~室町時代・14~15世紀 N-19
朗詠要集 1巻 鎌倉時代・正応5年(1292) N-20
法隆寺別当次第 1冊 南北朝~室町時代・14~16世紀 N-21-1
異本法隆寺別当次第 1冊 南北朝~室町時代・14~16世紀 N-21-2
法隆寺別当補任寺役次第 1冊 南北朝~室町時代・14~16世紀 N-21-3
重文 嘉元記 1冊 南北朝時代・14世紀 N-22
寺要日記(三) 12冊のうち1冊 室町時代・宝徳元年(1449) N-23-3
聖徳太子絵伝下貼文書 6枚 江戸時代・18世紀 N-1-付属-2