TOP
 >> 展示
 >> 東南アジアの金銅像 作品リスト

東南アジアの金銅像

東南アジアの金銅像

東洋館 12室  2017年5月9日(火) ~ 2017年9月3日(日)

  
シヴァ半身像 カンボジア・ダムデック出土 アンコール時代・9世紀 フランス極東学院交換品

インドシナ半島やインドネシアでは、古代よりインドの影響を受けて仏教やヒンドゥー教の彫像が数多く制作されました。それらはいずれも地域特有の発展をとげ、独自の美術様式が花開きました。ここでは、インドネシア、カンボジア、タイ、ミャンマーの仏教像、ヒンドゥー教像を、金銅像を中心に展示します。

展示作品リスト 22件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
如来頭部 1個 タイ、ピッサヌローク スコータイ時代・13世紀 三木榮氏寄贈 TC-78
如来頭部 1個 タイ ラーンナータイあるいはスコータイ時代・14世紀 三木榮氏寄贈 TC-372
如来頭部 1個 タイ アユタヤ時代・15世紀 三木榮氏寄贈 TC-373
宝冠如来頭部 1個 タイ、アユタヤ アユタヤ時代・16~17世紀 三木榮氏寄贈 TC-74
如来坐像 1躯 タイ スコータイ時代・14~15世紀 TC-96
如来立像 1躯 タイ ドヴァーラヴァティー時代・7~8世紀 TC-745
_MD_RECOMMEND 如来倚像 1躯 インドネシア 中部ジャワ時代・8世紀頃 TC-746
観音菩薩立像 1躯 インドネシア 中部ジャワ時代・8~9世紀 TC-762
ジャムバラあるいはクベーラ坐像 1躯 インドネシア 中部ジャワ時代・8~9世紀 TC-747
_MD_RECOMMEND 大日如来坐像 1躯 インドネシア 中部ジャワ時代・9~10世紀 TC-748
大日如来坐像 1躯 インドネシア 10世紀頃 TC-709
ヴィシュヌとガルダ像 1具 カンボジア アンコール時代・12~13世紀 TC-766
_MD_RECOMMEND ハヌマーン立像 1躯 カンボジア アンコール時代・11世紀 TC-763
女神立像 1躯 カンボジア アンコール時代・12~13世紀 TC-764
ウマー立像 1躯 カンボジア アンコール時代・12~13世紀 TC-765
_MD_RECOMMEND ナーガ形飾り金具 1個 カンボジア、バコーン アンコール時代・12世紀 フランス極東学院交換品 TE-800
飾り金具 1個 カンボジア、バンテアイ・サムレ アンコール時代・12~13世紀 フランス極東学院交換品 TE-802
如来及び両脇侍坐像 1基 ミャンマー パガン時代・12~13世紀 TC-759
如来及び両脇侍坐像 1基 ミャンマー パガン時代・12~13世紀 TC-760
宝冠如来及び両脇侍坐像 1基 ミャンマー パガン時代・12~13世紀 TC-761
如来立像 1躯 スリランカ ポロンナルワ時代・12~13世紀 TC-744
_MD_RECOMMEND シヴァ半身像 1躯 カンボジア・ダムデック出土 アンコール時代・9世紀 フランス極東学院交換品 TC-391