TOP
 >> 展示
 >> 書画の展開―安土桃山~江戸 作品リスト

書画の展開―安土桃山~江戸

書画の展開―安土桃山~江戸 予告

本館 8室  2017年12月19日(火) ~ 2018年2月4日(日)

  
松梅孤鶴図 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 植松嘉代子氏寄贈

安土桃山時代から江戸時代の絵画は、永徳や探幽をはじめとする狩野派を中心に、宗達・光琳・抱一らの琳派、大雅・蕪村らの南画派、応挙・呉春を祖とする円山派・四条派、 若冲・芦雪・蕭白らの個性派の画家たちを輩出し、百花繚乱の相を呈しました。書は、江戸時代初期の三筆(信尹・光悦・昭乗)が新しい書風を打ち立て、黄檗の三筆らがもたらした中国書法が、江戸時代中期以降、唐様の書として流行しました。ここでは安土桃山時代から江戸時代に多様な展開を遂げた絵画と書跡を展示します。
今回、絵画は新年を祝い富士山や鶴などの作品を中心に、書跡は季節にちなんだ作品やめでたさを示す作品を展示します。

展示作品リスト 19件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
大井川富士山図 1幅 英一蝶筆 江戸時代・17世紀 東京・大倉集古館蔵
日金山眺望富士山図 1幅 宋紫石筆 江戸時代・18世紀 A-10064
寒光雪峰図 1幅 菅井梅関筆 江戸時代・文政12年(1829) 東京・大倉集古館蔵
_MD_RECOMMEND 松梅孤鶴図 1幅 伊藤若冲筆 江戸時代・18世紀 植松嘉代子氏寄贈 A-11851
重美 五節句図 5幅 酒井抱一筆 江戸時代・文政10年(1827) 東京・大倉集古館蔵
十二ヶ月風俗図屏風 6曲1双 田中訥言筆 江戸時代・19世紀 個人蔵
源氏物語図 初音・胡蝶 2幅 板谷桂舟(広隆) 筆 江戸時代・19世紀 A-1054
月ヶ瀬探梅図巻 巻上 1巻 金井烏洲筆 江戸時代・天保4年(1833) 中島伊平氏寄贈 A-12349-1
新年御会懐紙 1帖 江戸時代・享保8年(1723) B-3120
和歌屏風 6曲1双 松花堂昭乗筆 江戸時代・17世紀 B-3236
書状(此馬蹄内々聞及候云々) 1幅 尊朝法親王筆 安土桃山時代・16世紀 B-2856
詠草 1幅 正親町天皇筆 安土桃山時代・16世紀 太田松子氏寄贈 B-2877
重美 山部赤人像賛 1幅 後陽成天皇筆 安土桃山~江戸時代・16~17世紀 鈴木喜代氏寄贈 B-3289
_MD_RECOMMEND 重美 和歌懐紙「初春鶯」 1幅 霊元天皇筆 江戸時代・17世紀 個人蔵
和歌懐紙 1幅 後西天皇筆 江戸時代・17世紀 大澤ウメ氏寄贈 B-3076
詠草 1幅 烏丸光広筆 江戸時代・寛永11年(1634) B-2891
和歌 1幅 村田春海筆 江戸時代・19世紀 関根秀雄氏寄贈 B-1315
富嶽詩書 1幅 柴野栗山筆 江戸時代・18世紀 弘埜ひで氏寄贈 B-2911
甲辰元旦試筆 1幅 佐藤一斎筆 江戸時代・天保15年(1844) 河田燕氏寄贈 B-3132