TOP
 >> 展示
 >> 禅と水墨画―鎌倉~室町 作品リスト

禅と水墨画―鎌倉~室町

禅と水墨画―鎌倉~室町

本館 3室  2017年5月30日(火) ~ 2017年7月9日(日)

  
重要文化財 太公望・文王図(部分) 伝狩野元信筆 旧大仙院方丈障壁画 室町時代・16世紀

鎌倉時代からはじまる禅宗の本格的な導入にともない、絵画では中国の宋・元の絵画の影響を受けて水墨画が成立します。また書の分野でも、中国禅僧の書の影響を受けて、日本禅僧による個性ゆたかで気魄に満ちた作風を示す墨跡が生まれました。ここでは鎌倉時代から室町時代の水墨画、墨跡等を展示します。
今回のおすすめは、京都の禅宗寺院、大徳寺の住持を務めた古岳宗亘が永正10年(1513)に自らの隠居所として大徳寺の境内に開創した大仙院を飾っていた襖絵で、狩野元信一派によって制作されたものです。

展示作品リスト 6件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
花鳥図 1幅 室町時代・15~16世紀 A-12364
山水図 1幅 祥啓筆 室町時代・15世紀 A-12315
南浦語録跋 1幅 明極楚俊筆 鎌倉時代・元徳2年(1330) 市河三鼎氏寄贈 B-8
偈頌 1幅 夢窓疎石筆 南北朝時代・14世紀 B-2485
_MD_RECOMMEND 重文 太公望・文王図 4幅 伝狩野元信筆 旧大仙院方丈障壁画 室町時代・16世紀 A-293
_MD_RECOMMEND 重文 西王母・東方朔図 4幅 伝狩野元信筆 旧大仙院方丈障壁画 室町時代・16世紀 A-294