TOP
 >> 展示
 >> 禅と水墨画―鎌倉~室町 作品リスト

禅と水墨画―鎌倉~室町

禅と水墨画―鎌倉~室町

本館 3室  2017年4月25日(火) ~ 2017年5月28日(日)

  
重要文化財 四季花鳥図屏風 (部分) 伝雪舟等楊筆 室町時代・15世紀

鎌倉時代からはじまる禅宗の本格的な導入にともない、絵画では中国の宋・元の絵画の影響を受けて水墨画が成立します。また書の分野でも、中国禅僧の書の影響を受けて、日本禅僧による個性ゆたかで気魄に満ちた作風を示す墨跡が生まれました。ここでは鎌倉時代から室町時代の水墨画、墨跡等を展示します。今回のおすすめ作品は、鶴などの鳥が実物大の大きさで描かれ、たいへん迫力のある伝雪舟筆「四季花鳥図屏風」、近世画壇の覇者となる狩野派の初代、狩野正信による人物画の代表作「布袋図」です。

 

展示作品リスト 5件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
鷺図 1幅 単庵智伝筆 室町時代・15世紀 A-54
_MD_RECOMMEND 重文 布袋図 1幅 狩野正信筆  景徐周麟賛 室町時代・15世紀 文化庁蔵
書状 1幅 石室善玖筆 南北朝時代・14世紀 松永安左エ門寄贈 B-2426
七言四句頌 1幅 愚極礼才筆 室町時代・応永33年(1426) B-47
_MD_RECOMMEND 重文 四季花鳥図屏風 6曲1双 伝雪舟等楊筆 室町時代・15世紀 A-12335