TOP
 >> 展示
 >> 近代の美術 作品リスト

近代の美術

近代の美術

本館 18室  2017年1月24日(火) ~ 2017年3月5日(日)

  
梅図襖(部分) 横山大観筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 団体所有

明治・大正の絵画や彫刻、工芸を中心に展示します。明治5年(1872)の文部省博覧会を創立・開館のときとする当館は、万国博覧会への出品作や帝室技芸員の作品、岡倉天心が在籍していた関係から日本美術院の作家の代表作など、日本美術の近代化を考える上で重要な意味を持つ作品を数多く所蔵しています。これらによって明治、大正、そして昭和の戦前にかけての日本近代の美術を概観します。
日本画は横山大観による「梅図襖」など、旧久邇宮邸の障壁画や日本美術院の画家の人物画などによって、明治大正期の表現の様相をご覧いただきます。洋画は高野時次コレクションの浅井忠の欧州留学前後の油画によって、浅井の表現の変遷をたどります。工芸は、輸出産業品としての作風を強く示す花瓶や置物、あるいは江戸時代から継承された技術によって制作された刀装や額などを展示し、明治時代前半における工芸の様相をご覧いただきます。

展示作品リスト 43件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
切支丹と仏徒 2幅 前田青邨筆 大正6年(1917) A-10554
春庭鴛鴦 1幅 狩野芳崖筆 明治時代・19世紀 A-12192
竹林猫 1幅 橋本雅邦筆 明治29年(1896) A-160
黄石公張良 1幅 小林永濯筆 明治7年(1874)頃 A-338
豊太閤 1幅 下村観山筆 大正7年(1918) A-10518
_MD_RECOMMEND 梅図襖 4面 横山大観筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 団体所有
梅図襖 4面 横山大観筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 団体所有
紅梅 1面 荒井寛方筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
水芭蕉 1面 小川芋銭筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
白梅 1面 川端龍子筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
椿 1面 北野恒富筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
雪松 1面 中村岳陵筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
桔梗 1面 堅山南風筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
椿 1面 安田靱彦筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
紅梅 1面 前田青邨筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
牡丹に雀 1面 下村観山筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
枇杷 1面 速水御舟筆 旧久邇宮御常御殿障壁画 大正15年(1926) 東京・聖心女子大学蔵
田舎屋炉辺 1面 浅井忠筆 明治20年(1887) 高野時次氏寄贈 A-12032
少女と犬 1面 浅井忠筆 明治26年(1893)頃 高野時次氏寄贈 A-12040
房総御宿海岸 1面 浅井忠筆 明治32年(1899) 高野時次氏寄贈 A-12033
婦人像 1面 浅井忠筆 明治34年(1901)頃 高野時次氏寄贈 A-12038
_MD_RECOMMEND グレー風景 1面 浅井忠筆 明治34年(1901) 高野時次氏寄贈 A-12041
グレー雪景 1面 浅井忠筆 明治35年(1902)頃 高野時次氏寄贈 A-12035
村落風景 1面 浅井忠筆 明治36年(1903) 高野時次氏寄贈 A-12034
_MD_RECOMMEND 牝牡鹿 1対 森川杜園作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 C-234
_MD_RECOMMEND 神鹿 1基 竹内久一作 大正元年(1912) 竹内久一氏寄贈 C-439
馬置物 1個 四代龍文堂安之助作 明治6年(1873) 龍文堂安之助氏寄贈 E-13008
海士玉採図石菖鉢 1個 山尾侶之作 明治6年(1873) ウィーン万国博覧会事務局 E-13009
1口 秦蔵六作 明治10年(1877)頃 E-13007
蓮に鷺図花瓶 1口 川島孝一作 明治10年(1877)頃 第一回内国勧業博覧会出品 E-13010
色絵花卉人物図双耳花瓶 1対 名古屋 明治6年(1873) ウィーン万国博覧会事務局 G-674
七宝花鳥文瓶 1口 幹山伝七作 明治10年(1877)頃 第一回内国勧業博覧会出品 G-607
色絵桧扇図皿 1枚 ゴットフリート・ワグネル(吾妻焼) 明治時代・19世紀 植田豊橘氏寄贈 G-4277
重文 鷲置物 1基 鈴木長吉作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-13034
_MD_RECOMMEND 梨地水龍瑞雲文蒔絵宝剣 1口 金具=加納夏雄作 明治6年(1873) F-262-2
煤竹塗杖刀 1口 鞘塗=橋本市蔵作 明治15年(1882) F-237-2
還城楽図額 1面 海野勝珉作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-12757
_MD_RECOMMEND 猿猴弄蟷螂図額 1面 香川勝広作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 E-12754
_MD_RECOMMEND 重文 褐釉蟹貼付台付鉢 1口 初代宮川香山作 明治14年(1881) 第二回内国勧業博覧会出品 G-105
色絵金襴手楼閣山水文大瓶 1口 浅井一毫作 明治25年(1892) シカゴ・コロンブス世界博覧会事務局 G-135
色絵山茶花図大皿 1枚 若藤源次郎作 明治14年(1881) 第二回内国勧業博覧会出品 G-258
頼光大江山入図大花瓶 1対 横山孝茂・横山弥左衛門作 明治5年(1872) ウィーン万国博覧会事務局 E-13012
北条虎吉胸像 1個 荻原守衛作 明治42年(1909)原型制作 C-1581