TOP
 >> 展示
 >> 氷河期の日本列島に暮らした人びと―道具作りのはじまり― 作品リスト

氷河期の日本列島に暮らした人びと―道具作りのはじまり―

氷河期の日本列島に暮らした人びと―道具作りのはじまり―

平成館 考古展示室  2016年12月6日(火) ~ 2017年6月4日(日)

  
ナイフ形石器 長野県信濃町 貫ノ木遺跡出土 旧石器時代(後期)・前35000年 長野・長野県立歴史館蔵

日本列島に人びとが住みついたのは、約4万年前です。これ以後、土器が作られるようになる約1万3千年前までを旧石器時代と呼んでいます。この時期はマンモスやナウマンゾウ、オオツノジカなどの大型哺乳類が生息する寒冷な氷河期で、日本列島はまだ大陸と陸続きでした。当時の人びとは石器や骨角器などの道具を使って狩猟や採集を行い、移動しながら暮らしていました。
ここでは日本各地の後期旧石器時代を代表する台形石器・ナイフ形石器・尖頭器・細石刃を展示してその変遷を示すとともに、その材料となった黒曜石や珪質頁岩などの石材についても紹介します。

展示作品リスト 18件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 黒曜石原石 1個 北海道遠軽町出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
_MD_RECOMMEND 磨製石斧 4個 長野県信濃町 貫ノ木遺跡出土 旧石器時代(後期)・前35000年 長野・長野県立歴史館蔵
_MD_RECOMMEND 台形石器 2個 長野県信濃町 貫ノ木遺跡出土 旧石器時代(後期)・前35000年 長野・長野県立歴史館蔵
_MD_RECOMMEND ナイフ形石器 6個 長野県信濃町 貫ノ木遺跡出土 旧石器時代(後期)・前35000年 長野・長野県立歴史館蔵
両面調整石器 1個 北海道遠軽町 下社名渕遺跡出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
舟形削片 1個 北海道遠軽町 幌加沢遺跡出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
舟形削片 1個 北海道遠軽町 幌加沢遺跡出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
細石刃核 1個 北海道遠軽町 幌加沢遺跡出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
_MD_RECOMMEND 尖頭器 1個 北海道遠軽町 下社名渕遺跡出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
尖頭器 1個 北海道置戸町出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
尖頭器 1個 北海道遠軽町 下社名渕遺跡出土 旧石器時代(後期)・前18000年 個人蔵
舟形削片 2個 新潟県長岡市 荒屋遺跡出土 旧石器時代(後期)・前16000年 星野良氏寄贈 J-38439
細石刃核 1個 新潟県長岡市 荒屋遺跡出土 旧石器時代(後期)・前16000年 星野良氏寄贈 J-38438
_MD_RECOMMEND 細石刃 10個 新潟県長岡市 荒屋遺跡出土 旧石器時代(後期)・前16000年 星野良氏寄贈 J-38441
鏃形石器 1個 新潟県長岡市 荒屋遺跡出土 旧石器時代(後期)・前16000年 星野良氏寄贈 J-38452
彫器 5個 新潟県長岡市 荒屋遺跡出土 旧石器時代(後期)・前16000年 星野良氏寄贈 J-38449
掻器 1個 新潟県長岡市 荒屋遺跡出土 旧石器時代(後期)・前16000年 星野良氏寄贈 J-38457
掻器・石刃 5個 新潟県津南町 神山遺跡出土 旧石器時代(後期)・前24000年 星野良氏寄贈 J-38536