TOP
 >> 展示
 >> 能と歌舞伎 安土桃山時代の能装束 作品リスト

能と歌舞伎 安土桃山時代の能装束

能と歌舞伎 安土桃山時代の能装束

本館 9室  2016年1月2日(土) ~ 2016年3月6日(日)

  
重要文化財 縫箔 茶地百合御所車模様(部分) 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀

「博物館に初もうで」の期間に合わせて、重要文化財が多い安土桃山時代の能装束により、日本染織の粋を展覧します。現代の能舞台で使用されている能装束の形態や着付方は江戸時代中期以降、幕府の式楽の中で様式化された型です。安土桃山時代にはその型とはまったく異なる形態の装束が着用されていました。
今回は安土桃山時代の唐織・縫箔・法被・素襖などを展示し、滅多にお目にかけられない能装束を一堂にご覧いただきます。

展示作品リスト 10件
指定 名称 員数 作者・出土・伝来 時代・年代世紀 所蔵者・寄贈者・列品番号 備考
_MD_RECOMMEND 重文 素襖 紺麻地草花色紙散し模様 1領 室町~安土桃山時代・16世紀 岐阜・春日神社蔵
角帽子 淡茶地桜模様 1頭 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀 I-3303
角帽子 鶸色地紅葉筏模様 1頭 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀 I-3301
唐織 白地枝垂桜模様 1領 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀 I-3242
厚板 紅地入子菱丸紋散模様 1領 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀 I-3236
厚板 浅葱地三崩鳳凰菱模様 1領 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16~17世紀 I-3220
_MD_RECOMMEND 重文 縫箔 白地草花肩裾模様 1領 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀 I-3246
_MD_RECOMMEND 重文 縫箔 茶地百合御所車模様 1領 奈良・金春座伝来 安土桃山時代・16世紀 I-3231
_MD_RECOMMEND 重文 側次 紺繻子地金襴花鳥模様 1領 室町~安土桃山時代・16世紀 岐阜・春日神社蔵
_MD_RECOMMEND 重文 法被 茶地雲龍模様黄緞 1領 室町~安土桃山時代・16世紀 岐阜・春日神社蔵