TOP
 >> 催し物
 >> X線CT装置の保存修理への活用

過去のギャラリートーク

X線CT装置の保存修理への活用

当館のX線CT装置の活用方法をご紹介。通常では見る事のできない文化財の内部を調査し保存・修理に貢献しています。

※一部座席にヒアリングループ(磁気ループ)を設置しています。

 

日程
2018年3月27日(火)
時間
14:00 ~ 14:30
会場
本館-地下 みどりのライオン (教育普及スペース)
講師
宮田将寛(調査分析室アソシエイトフェロー)


関連展示

  1. 東京国立博物館コレクションの保存と修理
  2. 本館-特別1室
    2018年3月13日(火) ~ 2018年4月8日(日)


関連事業

  1. トーハクの修理事業 –これまでの歩みと課題
  2. 本館-特別1室
    2018年3月13日(火) 14:00 ~ 14:30

  3. 正倉院染織品における修理仕様
  4. 本館-特別1室
    2018年3月20日(火) 14:00 ~ 14:30

  5. 立体作品修理の現場から
  6. 本館-特別1室
    2018年4月3日(火) 14:00 ~ 14:30