TOP
 >> 催し物
 >> 月例講演会「邪馬台国問題の現状-考古学から見た古代九州と畿内の文化」

過去の講演会・講座

月例講演会「邪馬台国問題の現状-考古学から見た古代九州と畿内の文化」

月例講演会 邪馬台国問題の現状-考古学から見た古代九州と畿内の文化
日程 2007年3月17日(土)
時間 13:30~15:00(開場13:00予定)
会場 東京国立博物館 平成館大講堂
演題 「邪馬台国問題の現状-考古学から見た古代九州と畿内の文化」
講師 名誉館員 松浦 宥一郎 氏
定員 380名(当日先着順)
聴講料 無料(ただし当日の入館料は必要です)
* 当日会場にお集まりください