TOP
 >> 催し物
 >> イベント
 >> 感謝DAYクリスマスライブ

イベント

感謝DAYクリスマスライブ

トーハクから日頃の感謝の気持ちを音楽にこめてお届けする特別な3日間。
23日は法隆寺宝物館エントランスが燈火器によって幻想的な空間に変わります。
館内各所で行われる演奏で、普段と一味違った博物館とクリスマスをお楽しみください。

 

出演者プロフィール

ジュスカ・グランペール(ギター高井博章とバイオリンひろせまことのアコースティックデュオ)

ジュスカ・グランペール1999年結成、2007年デビュー。通算10枚のアルバムをリリース、ジプシースイングジャズ、タンゴ、スパニッシュ、ラテン、クラシックのエッセンスを内包した個性的なサウンド。グループ名はフランス語で「おじいさんになるまで」。大竹しのぶ、押尾コータロー、KAN、クレモンティーヌ、ゴンチチ、佐藤竹善、夏川りみ、葉加瀬太郎、一青窈、等と共演、楽曲提供やレコーディング・ツアーサポート等を行う。化粧品のCM曲をはじめ、テレビドラマやバラエティ番組の挿入曲、NHKの番組テーマ曲や特番などに楽曲提供。大和ハウスが行う桜の保全活動や日本文化を守って行きたいという活動に賛同し「Daiwa Sakura Aid」コンサートを全国的に行っている。2016年1月アルバム「雲錦」リリース。2017年9月、10枚目になるミニアルバム「MIDNIGHT STROLL」をリリース。

 

ウイリアム・プランクル(チェロ)

ウイリアム・プランクルアメリカ生まれ。12才からチェロを始める。コロンビア大学在学中に、ニューヨーク・フィルハーモニック主席チェロ奏者カーター・ブレイ氏に師事。卒業後、ハンガリー国立リスト音楽院で学び、バルトーク弦楽四重奏団チェロ奏者ラズロ・メズー氏に師事。2001年、文部科学省の国費外国人留学生として来日し、京都を拠点に活動を始める。京都市立芸術大学では上村昇氏に師事。現在は日本各地でさまざまなジャンルとのコラボレーションを試みている。京町屋でのチェロ教室「弓草庵」主宰。

 

ゲスト

ACO

ACO1995年にシングル「不安なの」でデビュー。1999年には砂原良徳のプロデュースによる「悦びに咲く花」が大ヒット。ゲスト参加したDragon Ashの「Grateful Days」もミリオンセラーとなる。その後も、トリッキー、エイドリアン・シャーウッドといったプロデューサーを迎えた先鋭的な作品を発表。2013年にリリースされた『TRAD』は、自身の代表曲のセルフ・カヴァーに加え、マッシヴ・アタックのカヴァーや新曲が話題となった。2015年新作『Valentine』をリリース。

 

 

日程
2017年12月23日(土) ~ 2017年12月25日(月)  
時間

12月23日(土)11:00、15:00、17:30、19:30、12月24日(日)11:00、15:00、12月25日(月)11:00、15:00 各回30分程度
会場
構内-本館大階段、平成館ラウンジ、法隆寺宝物館エントランス
出演者
ジュスカグランペール(ギター、ヴァイオリン)、ウィリアム・プランクル(チェロ)
ACO(シンガーソングライター)
空間演出
武田高明
料金
無料
主催
東京国立博物館
協力
大和ハウス工業株式会社