TOP
 >> 展示
 >> 海外展
 >> 2010年度

海外展

2010年度

日本の美 5000年

  

文化庁では日本の優れた文化財を諸外国に紹介することにより、日本の歴史と文化への理解を深め、国際親善をはかることを目的として、毎年、海外で日本古美術展を開催しています。今年度は、トルコ共和国・トプカプ宮殿博物館で、「日本の美 5000年」展を開催します。
縄文時代から江戸時代までの約5000年にわたる日本美術の精華を東京国立博物館の所蔵品を中心にご紹介します。国宝2件、重要文化財3件を含む47件が出品されます。

展覧会名 : 海外日本古美術展「日本の美 5000年」
Enduring Beauty:5000 Years of Japanese Art
会期 : 2010年5月5日(水・祝)~2010年6月28日(月)
会場 : トプカプ宮殿博物館(トルコ共和国イスタンブール市)
http://www.ee.bilkent.edu.tr/~history/topkapi.html
主催 : 文化庁、東京国立博物館、トルコ共和国文化観光省

千年丹青-日本・中国珍蔵唐宋元絵画精品展-

  

唐時代から宋・元時代にかけて、中国の絵画は各種の典型的な様式が創出されるとともに、宮廷絵画と文人絵画が隆盛し、明・清時代の絵画の趨勢を導きます。唐・宋以来、日本に請来された中国絵画は、日本絵画の発展にも大きな影響を与えました。日本に流伝するこれらの中国絵画の中には、中国美術史上、重要な地位を占める名品が少なくありません。
この展覧会は、日本に現存する中国絵画の名品を里帰りさせ、日中両国の文化交流を促進しようとするもので、上海で開催中の万国博覧会、さらには同じく上海で11月に開催される国際博物館会議(ICOM)の総会に合わせて開催されるものです。

「鑑真と空海-日中文化交流の顕彰-」も併催しています。
展覧会名 : 海外展「千年丹青-日本・中国珍蔵唐宋元絵画精品展-」
Enduring Beauty:5000 Years of Japanese Art
会期 : 2010年9月29日(水)~2010年11月23日(火)
会場 : 上海博物館(中華人民共和国上海市) http://www.shanghaimuseum.net/
主催 : 東京国立博物館、上海博物館

高麗仏画大展

  

韓国の国立中央博物館が、現在の龍山(ヨンサン)に新館を建てたのは2005年のことでした。開館5周年にあたる本年はこれを記念して、「高麗仏画大展」を開催します。この特別展は、日本を中心として世界各地に散在する高麗時代(918~1392)の仏画を精選して公開しようとするもので、仏教を国教と定めた高麗時代に描かれた優品の数々を紹介するとともに、中国の南宋・元時代や、日本の鎌倉時代の仏画も比較展示します。

展覧会名 : 海外展「高麗仏画大展」
会期 : 2010年10月11日(月)~2010年11月21日(日)
会場 : 国立中央博物館(韓国・ソウル) http://www.museum.go.kr/
主催 : 国立中央博物館
特別協力 : 東京国立博物館