TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 饕餮文瓿(とうてつもんほう) 

饕餮文瓿(とうてつもんほう) 

  
1個
青銅製
高60.7 口径32.5
殷時代
前13-前11世紀
TJ4785
坂本キク氏寄贈
 
殷代には祖先や神々の祭祀のために様々な形と用途を持つ青銅礼器が作られた。このホウもその一つで,器体は平たい球形で口がすぼまり,蓋が付く。酒などの液体を入れる器である。細かい雷文の地の上に,獣の顔と前足を思わせる饕餮という文様を浮彫風に正面に大きくあらわし,その両側にキという獣などを配している。これはホウとしてもかなり大型で,製作も精巧であり,商代後期の青銅器の典型といってもよい。