TOP
 >> 絵画
 >> 二祖調心図(にそちょうしんず) 

二祖調心図(にそちょうしんず) 

  
2幅
紙本墨画
伝石恪筆
各縦35.3 横64.4
南宋時代
13世紀
重文
TA162
展示予定は未定です
 
石恪は五代後蜀の画家。画家の名人である張南本に師事して水墨人物画をよくした。石恪の面貌は細緻,衣紋は粗筆という飄逸な画風は逸品といわれ,その後の中国の水墨人物画の基本となった。この二祖調心図は石恪の水墨画風を最もよく彷彿させる作品。中国禅宗の二祖慧可というよりも,豊干,布袋などの散聖を描いたものともいわれる。