TOP
 >> ガラス碗(がらすわん) 

ガラス碗(がらすわん) 

  
1個
ガラス製
奈良県橿原市川西町 新沢千塚126号墳出土
口径7.8 高6.7
古墳時代
5世紀
重文
J37204
 
宙吹き成形で作られ,口縁は切り離したままの状態で未整形である。器壁は1-2ミリ程度と非常に薄く,軽い。底部に2段,胴部には5段の円形切子の装飾が施される。底部と胴部3段の切子は磨き途中で不透明になっている。これが意図的なものかどうかはわからない。紺色のガラス皿とセットで出土している。