TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 紅白段草花短冊八橋模様縫箔(こうはくだんくさばなたんざくやつはしもようぬいはく) 

紅白段草花短冊八橋模様縫箔(こうはくだんくさばなたんざくやつはしもようぬいはく) 

  
1領
絹製
丈137.6 裄59.0
安土桃山時代
16世紀
重文
I2904
展示予定は未定です
 
「縫箔」という名称は,模様表出に用いられる技法に由来するもので,「縫」は刺繍,「箔」は摺箔を意味する。この作品では,模様は刺繍で表わされ,また現在ほとんど剥落しているが,白地には模様の間に金摺箔を施した痕跡が認められる。毛利家伝来。