TOP
 >> 舟橋蒔絵硯箱(ふなばしまきえすずりばこ) 

舟橋蒔絵硯箱(ふなばしまきえすずりばこ) 

  
1合
木製漆塗
本阿弥光悦作(ほんあみこうえつ)
縦24.2 横22.9 高11.8
江戸時代
17世紀
国宝
H53
展示予定は未定です
 
蓋甲を高く盛り上げた独特の姿をみせる硯箱。箱の外側は全面を金粉を密に蒔いた金地に仕立て,鉛板の橋を斜めに渡し,『後撰和歌集』に収められた源等の歌「東路のさのの(船橋)かけてのみ思わたるを知る人そなき」を銀文字で散らす。古典文学に主題を求めたデザインと,大胆な装飾材料の用法を特色とする光悦蒔絵の代表作である。