TOP
 >> 花鳥獣蒔絵螺鈿聖龕(かちょうじゅうまきえらでんせいがん) 

花鳥獣蒔絵螺鈿聖龕(かちょうじゅうまきえらでんせいがん) 

  
1基
木製漆塗
高49.5 幅30.3 奥行4.8
安土桃山~江戸時代
16-17世紀
重文
H4446
展示予定は未定です
 
観音開きの扉をつけた壁掛け式の厨子。教会で使用するために注文された輸出用の漆器で,内に油彩のキリスト磔刑像が納められている。厨子の表面には花樹と鳥獣を取り合わせた文様が金・銀の平蒔絵に螺鈿を交えて描かれ,縁は南蛮唐草などの連続文様で飾られている。この種の聖龕は,近年ヨーロッパ各地で発見されており,当時,相当の数が作られ,海を渡っていったものと考えられる。