TOP
 >> 黒韋肩妻取威胴丸(くろかわかたつまどりおどしのどうまる) 

黒韋肩妻取威胴丸(くろかわかたつまどりおどしのどうまる) 

 
右脇引合わせの胴に筋兜と袖を配した胴丸。黒韋を地の威とし,胴の立拳,兜のシコロや袖の上段を白糸で肩取威,シコロの後と胴の前後は紅糸で裾広がりとした沢瀉威,袖や草摺の端は紅糸で三角形に妻取威とした珍しい配色である。金物は鍍金枝菊文透,染韋に藻獅子韋を用いた室町時代らしい胴丸である。