TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 興福寺金堂鎮壇具(こうふくじこんどうちんだんぐ) 

興福寺金堂鎮壇具(こうふくじこんどうちんだんぐ) 

  
一括
奈良県興福寺中金堂須弥壇下出土
奈良時代
8世紀
国宝
E14254_etc.
 
寺院を建立する時に,地鎮のために埋納される品を鎮壇具という。金,銀,真珠,水晶,琥珀,瑠璃(ガラス),瑪瑙などの七宝と鏡鑑,刀剣など除魔の呪術的効果があると信ぜられるものが埋められた。興福寺の鎮壇具は約千数百点の膨大な量である。