TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 文殊菩薩騎獅像および侍者立像(もんじゅぼさつきしぞうおよびじしゃりゅうぞう) 

文殊菩薩騎獅像および侍者立像(もんじゅぼさつきしぞうおよびじしゃりゅうぞう) 

  
5躯
各木造,金泥塗り・彩色・切金,玉眼
康円(1207-?)作
像高(文殊)48.9(于てん王)70.5(善財童子)46.2(大聖老人)70.0(仏陀波利三蔵)66.6
鎌倉時代
文永10年(1273)
重文
C1854
展示予定は未定です
 
獅子に乗った文殊菩薩に4人の侍者が従う,いわゆる渡海文殊の作例です。獅子の頸部矧ぎ目の銘文と体内に納入されていた文書から,文永10年康円の作と知られ,のちに興福寺勧学院本尊となったことがわかります。入念の作で,細部まで彫技が冴えわたり,彩色もみごとです。