TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 虎林字号(こりんじごう) 

虎林字号(こりんじごう) 

  
1幅
紙本墨書
徹翁義亨筆(てっとうぎこうひつ)
縦39.3 横101.0
南北朝時代
14世紀
B3067
展示予定は未定です
 
徹翁義亨(1295-1369)は大徳寺第2世の住持。宗峰妙超(大燈国師)の法嗣,徳禅寺の開山。徹翁の門弟と考えられる宗賛維那のために「虎林」の字号を大書したもの。この1幅は小堀遠州が愛玩した茶道具の目録「遠州蔵帳」に所収のもの。大阪・鴻池家伝来。