TOP
 >> 円珍関係文書(えんちんかんけいもんじょ) 

円珍関係文書(えんちんかんけいもんじょ) 

  
7巻2通の内
紙本墨書
円珍書状 縦31.2 全長56.0 円珍系図 縦30.3 全長265.4
平安時代
9-10世紀
国宝
B2405-2
展示予定は未定です
 
円珍(智証大師・814-891)は延暦寺第5世の座主で,天台宗寺門派(園城寺派)の祖。この円珍関係文書は,自筆書状のほか円珍系図(有年申文を付す)・戒牒・公験などが含まれ,内外で活躍した円珍を知る上で,また書道史資料としても貴重である。