TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 館蔵品一覧
 >> 文祢麻呂墓出土品(ふみのねまろぼしゅつどひん) 

文祢麻呂墓出土品(ふみのねまろぼしゅつどひん) 

  
一括
墓誌板銅鋳製 墓誌箱銅鋳製 骨蔵器緑瑠璃製 外容器金銅製
奈良県宇陀市榛原区八滝 文祢麻呂墓出土
墓誌板長26.2 墓誌箱高4.8 骨蔵器高17.8 外容器高26.7
飛鳥時代・慶雲4年(707)
国宝
J39201-1,J39201-2,J39202,J39203
展示予定は未定です
 
天保2年(1831)に榛原町八滝の丘陵斜面から出土した。火葬骨を裂で包んで,これを金銅製の壷に入れ,墓誌は銅箱に納められていた。仏教の伝来と前後して入ってきた火葬による骨蔵器においても,仏舎利納置法に準じた方法で行われていたことが知られる。