TOP
 >> 洛中洛外図巻(らくちゅうらくがいずかん) 

洛中洛外図巻(らくちゅうらくがいずかん) 

  
1巻
絹本着色
住吉具慶筆(すみよしぐけいひつ)
縦40.9 全長1368.0
江戸時代
17世紀
A69
展示予定は未定です
 
住吉具慶(1631-1705)は如慶の長男。徳川幕府の奥絵師となり,土佐派の流れを汲む住吉派の江戸での隆盛を導いた。この画巻は,前半に春夏の市中を,後半に秋冬の郊外の風景を細密な筆致で描いたもの。奈良・興福院やアイルランド・チェスタービーティー図書館などに所蔵される「都鄙図巻」と同趣の作品で,年中行事と四季の自然を巧みに表現している。