TOP
 >> コレクション
 >> 名品ギャラリー
 >> 絵画
 >> 一遍上人伝絵巻 巻第七(いっぺんしょうにんでんえまき) 

一遍上人伝絵巻 巻第七(いっぺんしょうにんでんえまき) 

  
1巻
絹本着色
縦37.8 全長802.0
鎌倉時代
正安元年(1299)
国宝
A10944
展示予定は未定です
 
時宗の開祖,一遍の生涯を描いた絵巻で,京都・歓喜光寺に伝来した12巻のうちの1巻。諸国を旅しながら修行と布教活動に努めた一遍の行状とともに,各地の社寺や名所の景観が忠実に描かれる。風景描写には中国宋代山水画風の影響が指摘され,やまと絵の伝統の中に見事に融合されている。一遍没後10年の正安元年に弟子の聖戒が起草し,法眼円伊が描く。