TOP
 >> 雨夜の宮詣(あまよのみやもうで) 

雨夜の宮詣(あまよのみやもうで) 

  
1枚
中判 錦絵
鈴木春信筆(すずきはるのぶひつ)
縦27.6 横20.5
江戸時代
18世紀
重美
A10569.100
展示予定は未定です
 
錦絵の創始者とされる鈴木春信(1725-70)は,可憐な美人画風と高度な見立絵の手法で,明和期の浮世絵界をリードした。本図は,当世風俗の美人を謡曲の蟻通明神に見立てたもので,恋の成就を祈る少女のけなげな姿に見事に置き換えられている。